【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −寒露−

 太陽の光が照りつけていた日々が遠いことのように思える今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げております。

 この事務所通信がお手元に届くころは、ちょうどお彼岸の入り頃だと思います。日によってはまだまだ暑い日もあることとでしょう。真っ赤な彼岸花が燃えさかる様が思い浮かびます。そして10月へ―。

【寒露】
二十四気の一つ。黄経一九五度の日であり、陽暦十月八、九日ごろ。
少しひんやりと感じはじめ、すべてのものが透明度を増す。晴れ上がった日などでも、すでに暑いとは思わなくなり、万事すごしやすい候。北海道あたりで初氷が記録されるのもこの時期。
(野沢節子)『日本大歳時記』/講談社より引用

 季節は秋分(9月23日)から冬至(12月22日)にむけて少しずつ冬へ冬へと移り変わっていくのだということが実感としてわいてきます。日頃の仕事などでの頭の使い方とは別の体を通しての感覚に身を委ねる時間。それが心のゆとりにもつながると感じる今日この頃です。ありふれた日常の中に季節の移り変わりを感じてみたいと思っています。

 夏の疲れや寒暖の差などで、体調を崩しやすくなる季節です。くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたしております。

声を出すあたり透きゆく寒露かな (今村俊三)出典同上
(2009/09/16・荻原幸子)