【事務所通信バックナンバー】

第13回TKC西東京山梨秋季大学

 去る平成21年9月11日、八ヶ岳ロイヤルホテルで開催された「TKC秋季大学」。数年前にも山梨県内で開催された同大学に参加しましたが、それ以来久しぶりの参加となりました。この「秋季大学」―大学と言っても、どこかの学校に入校するわけではないのですが―は、TKCの会員たる税理士及びその職員や家族、関与先企業の方を招いて、いつもの実務直結な研修とは毛色を異にする、やや柔らかめの講演会(聴講会)形式のもので、講師陣も魅力的な方が多いのです。

 今回の基調講演は、宇宙飛行士・毛利衛氏による『宇宙に挑戦するエネルギー』〜宇宙の視点からの地球環境と地球生命の繋がり〜。ご自身が宇宙にいらっしゃった時の映像を交えながら、演台など使わずに、時には客席に下りて私たち聴講生と直接やりとりをしながら、地上で当たり前に行っていることが宇宙では一体どうなるか―そんなことを通して、「科学者」の立場から、科学的に論理的に考えることの有効性を説かれました。殊更印象的だったのは、「地球以外に生物はいない」という言葉。ここだけ捉えると、随分夢のない…と思ってしまいますが、最後の質疑応答で、「どうしてそう思われるのか」という質問者の問いに、こう答えていらっしゃいました。「私は科学者だからです。未だ地球以外に生物が発見されたこともないし、いると証明されたこともない。だから"いない"と言う外ない。実際に地球外で発見されたり、いることが証明されれば、そのときは"いる"と答えます」と。我々の仕事にも、物事を客観視する能力が求められますが、対象を見つめる目に色が着いたり曇ったり、というのでは物事を正しく捉えられません。毛利さんは自然科学、我々会計人は社会科学という違いはあれど、あらゆる物事の原理原則というのは一緒なのだと感じた講演会でした。蛇足ですが、毛利さんご自身も、個人的には地球外に生物はいると思っているとのこと。冷静な科学者の目と、一人間として夢を追う心、両方のバランスが大事なのだと感じました。

 基調講演の後は、分科会。講演Tは、『カリスマ販売員に学ぶサービス哲学』。講師は、日本レストランエンタプライズの齋藤泉氏。山形新幹線の凄腕車内販売員として有名な方です。講演Uは、『落語に学ぶ笑いの哲学』。講師は、八代目・春風亭柳橋師匠。講演Vは、『ワインに学ぶ食の哲学』。講師は、丸藤葡萄酒代表取締役・大村春夫氏。この中から私は、講演Uを選びました。最近よく読んでいるブログがあるのですが、基本的な内容は、経済や経営などについて述べられたもの。ただ、その中に落語の話が度々引用されるので、落語というものに少し興味を持ち出したからです。師匠のお話は、ご自身が東京経済大学経営学部の出身ということもあってか、簿記や確定申告など、私たちにも親しみやすいところから入って、しっかりと気持ちを引き込み、最後は流れるように古典に入って締め、という実に見事なものでした。落語の話には、大抵愚かしい人々が出てきて、それを噺家一人で演じ分ける。その登場人物の愚かしさを笑うわけだけれど、それには聴く方にも想像力や知性が問われるんだ、ということでした。と言って、それは単に人を馬鹿にするような卑しい笑いではなく、身につまされる人間の機微や、時には悲哀も折り込んだ奥深いもの。古典芸能というと堅すぎる気もするし、単なる笑い話というのでもない、間口が広く、奥行きもある、そんな印象を持ちました。

 この紙面では、いつも堅い話が多いのですが、今回は少し柔らかめの題材を採り上げてみました。この秋季大学のサブタイトル「活力充填〜八ヶ岳で夢と癒しを〜」に掲げられたとおり、毛利さんの話に夢を、柳橋師匠の話に癒しをいただいて帰ってきました。道を究められたお二人の話だからこそ、楽しくも、後味も実に味わい深いものでした。時には実務的でないこんな話も聴いて、いつもと違う視点から物事を眺めてみるのも良いのではないか、そんな気持ちになったいつもとは少し違う研修会でした。

(2009/09/16・相原愛紀)