【事務所通信バックナンバー】

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

 輝いて仕事をしている人は、仕事の内容ではなく、仕事に対する考え方に共通項があったのです。 ―「はじめに」より 第一話 人であふれた駐車場 第二話 日本一のタクシー会社 第三話 警察で講師をつとめるペンキ屋

 「駐車場の管理人」「タクシー運転手」「ペンキ屋」著者が出会った3人が教えてくれる、「仕事」「人生」を輝せるヒントがあります。

 第13回TKC西東京山梨会秋季大学が9月11日八ヶ岳ロイヤルホテルで開催されました。スローガンは活力充填〜八ヶ岳で夢と癒しを〜です。多くの夢と活力をもらいました。

 分科会のなかでカリスマ販売員に学ぶサービス哲学講師の斎藤泉さんは「山形新幹線つばさレディー」第一期生としてアルバイトで入社。現在も同契約のまま社内販売に従事。定員400名の3時間半の山形新幹線の車内で片道187個の駅弁を販売したという記録保持者。テレビ出演や講演など、いまや全国区の有名人となるが、その後も日夜車内販売員として、サービスの向上と後輩の育生に努めているようです。まさにサービスに対する原点を思い出させて頂きました。私も斎藤さんのエネルギーが伝わってきて元気になりました。司会者がアルバイトでよくここまでというのが印象的でした。

 たとえば職場で、「この仕事は自分に向いていない」「会社の体制が自分にはあわない」という人がいます。日本を代表する鮨職人の小野次郎氏はいいます。「自分に合う仕事なんかないですよ。仕事に自分をあわせなきゃいけないでしょう。だって、まるで経験のないひとが、あれもダメ、これもできないと言っていたら、やる仕事なんてありませんよ」「与えられた仕事が天職だと思って一所懸命修業すれば、誰でも一人前になれる」

 つまらない仕事はありません。仕事にかかわる人の姿勢が仕事を面白くしたり、つまらなくしたりしているにすぎないのです。

意味のない仕事はありません。意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。

〈参考文献・資料〉
 ■『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』/福島正伸著/きこ書房
 ■TKC西東京山梨会秋季大学案内書
 ■『職場の教養9月号』/倫理研究所

(2009/09/16・荻原秀樹)