【事務所通信バックナンバー】

『俺は、中小企業のおやじ』

 「杉の木は折れるが、竹は折れない」―この記事のタイトルである『俺は、中小企業のおやじ』―著者である、軽自動車のスズキ株式会社・会長兼社長の鈴木修氏の言葉です。本書の前書きに載せられたこの言葉は、同じく巻末の「語録」によると2007年1月の副代理店大会で、2003年から4年間で連結売上高を2兆円から3兆円に拡大させた事について述べたものだそうです。氏は、岐阜県飛騨の出身。雪の積もった杉の木に例えてこう言います。

飛騨の山奥では雪が降る。杉の木は生長が早いため、雪の重みに耐えきれずに折れることがある。だが、一定の間隔で節がある竹なら簡単に折れない。まっすぐしなやかに伸びていって、雪の重みにしなっても、それを耐えることができる。業績が急に伸びたときこそ、経営の危機をはらんでいる。

 この言葉で思い出したのは、No.169(2008年6月号)でご紹介した『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本光司著/あさ出版)の中でご紹介した、48年間増収増益を続けた会社、伊那食品工業株式会社のことです。同社の経営は実に堅実なもので、「無理な成長は追わない」という方針を打ち出しているのですが、一時期の寒天ブームの時に殺到する注文を断り切れず、増産に踏み切ったそうです。結果、一過性のブームが過ぎ去った後は、その反動で数字面では前年比で減少となり、連続の増収増益は途絶えてしまったようです。全国展開する大手スーパーからの注文も断ったことがあるというのですから、その徹底した堅実ぶりには驚かざるを得ませんが、鈴木氏の杉の木の例え話のとおり、一時に急成長を遂げても継続しないことには意味がないし、経営の破綻は、取引先や顧客、社員に迷惑をかけることになります。

 テレビ東京の「カンブリア宮殿」という番組でも、“スズキ”の経営について採り上げた回がありました。番組に出演した鈴木氏は、「下請企業に対して、好況の時に大量生産によるコストダウンを求めることはあっても、不況の時には下請企業も大変なのだから、そういうときには“内なるコストダウン”を図る」と言っていました。会長を初めとする役員が全ての工場を視察する「工場監査」では、鈴木氏が先頭に立って現場を見て回り、改善を指摘する姿が映されていました。この内なるコストダウンは、製造現場に留まらず、カラーコピー機を全て売却したり、事務用品を一人に一つ持たせず共用にしたりと、管理部門でも徹底されていて、「小少軽短美」のスローガンが形だけの努力目標ではなく、日々の実践行動として位置づけられているのが分かります。

 あの“スズキ”を中小企業と考えている人は、そういないでしょうが、鈴木氏のテレビ出演時の雰囲気や本書の内容に触れれば、中小企業的な親しみやすさを覚えるのは確かだと思います。今でこそ「軽ナンバーワンの〜」というキャッチコピーを他社に明け渡しているスズキですが、それも「名誉じゃ飯が食えない」と言う氏の言葉通り、シェアトップよりも売上と利益が最優先という信念に基づいてのもののようです。本書は初の著作だそうですが、氏の体験談を中心に綴られており、大変読みやすいものです。前号でも「普通の経営」というタイトルで記事を書きましたが、このような不況期は、起死回生、一発逆転を狙いたい気持ちを抑えて、淡々と経営に向き合ってみる時期なのかもしれません。一度お読みになってみてはいかがでしょうか。

〈参考文献〉
 ■『俺は、中小企業のおやじ』鈴木修著/日本経済新聞出版社
 ■『日本でいちばん大切にしたい会社』坂本光司著/あさ出版


(2009/08/19・相原愛紀)