【事務所通信バックナンバー】

悩む力

 2009年の前期に販売数1番の本で『悩む力』(姜尚中・著)の中に「何のために働くのか」という文章があります。

 「食べるために働く」という言葉があります。人が生存していくには、やはりお金がかかるのであり、お金を得るためには、やはり働かねばなりません。(中略)

 ときどき「もし宝くじで三億円が当たったら、仕事をやめて遊んで暮らす」という言葉を聞くことがあります。たしかに、お金さえあれば働かなくていいような気がします。もしお金があったら、人は本当に働くのをやめるでしょうか。案外、そうでもないのではないでしょうか。

 働いてお金を得ること以上に社会の一員として認められたいのです。

「やあごくろうさん、助かります、ありがとう」と感謝されるとそれまでの苦労は吹き飛んでしまうのです。私も仕事を通して何回も感謝の言葉を言っていただくことができたことに仕事ができる喜びと幸せを感じています。

 この『悩む力』には、夏目漱石の小説を通して様々なことが書き進められていますが、漱石の小説の中の高等遊民についても考察されています。明治という時代にもこういう類型の人たちがいたのかといろいろと思いめぐらせました。働くというのも深遠のようです。

 前事務所通信に相原が引用した稲盛さんの『働き方』のなかにも書いてありました。

 誰にも負けない努力をし、何か一つのことをやり始めたら、それを「成功するまでやり抜く」、その執念にも似た強い思い、また達成するまでやり続ける「継続する力」が、成功のための必須条件となると信じていたからです。

 「もう無理だ」と思った時点を終点とせず、仕事の再スタート時点と考え、成功を手にするまで絶対にあきらめない粘り強さ。自分に限界を設けない、あくなき挑戦心―それこそがピンチをチャンスに変え、失敗さえ成功に結びつけることを可能とするのです。

 私もこの厳しい時代に試練を克服し、運命を打開していくことができるよう、皆様とともに無我夢中で仕事に打ち込んでいきたいと思っています。

〈参考文献〉
 ■『悩む力』姜尚中/集英社新書/2008年5月
 ■『働き方』稲盛和夫/三笠書房/2009年4月


(2009/07/21・荻原秀樹)