【事務所通信バックナンバー】

普通の経営

 この事務所通信では、何冊もの書籍を紹介してきました。先月も紹介した『大変!−その原因と対応−/大武健一郎』や『テキトー税理士が会社を潰す/山下明宏』『働き方/稲盛和夫』など、今月は3冊ほどの書籍を読みましたが、その中の1冊『働き方』より感じたことを書き記しておこうと思います。

 サブタイトルに「なぜ働くのか」「いかに働くのか」と題され、本の帯にも「人生において価値あるものを手に入れる法」「平凡な人を非凡な人に変えるもの」「成功に至るための実学」といったコピーが踊っており、これを読めば現代の混沌とした「労働」に光明が射すかのような書きぶりですが、中身は当たり前のことを当たり前にという、至って実直なものです。しかし、その一節一節が厳しさに満ちており、読み終えると、一流企業と言われる会社を創った人の姿勢とはこれ程のものか、との思いに至ります。

 第5章の中の一節「感度を研ぎ澄ます」―この本の中では、肝といえる部分ではないのかもしれませんが、とても大切な事だと感じました。機械が異常な音を出している、車の調子がおかしい、事務机の上の資料があちらこちらを向いている、そんな所まで繊細な感度を持って気付かなければ良い仕事はできない、と著者は説いています。「何も書類の向きまで、そんなに神経質にならなくても」と思ってしまいがちですが、何年か前に見た年間百件の新規取引先を開拓するというある事業所の資料に書いてあったことを思い出しました。実務的な研修の中で配布された資料の中に参考程度に付いていたものですから、これもどちらかと言えば肝ではないのかもしれませんが、「整理整頓は、直角、垂直、平行、水平を旨とし…」といったような事が書かれていました。なるほど実績を上げている事業所というのは、そんな基本的な姿勢から違うのだなと感心させられました。

 これらが示唆しているものは何かと考えると、何でもない普通のこと(状況)を徹底して作り上げることにより、その中で発生するわずかな変化や異常も見逃さなくなる、ということなのではないかと思います。日々の労働の多くは、同じ作業の繰り返しで、我々は時にそれを単調と感じ、わずかな変化や異常を見逃したために、せっかくのチャンスをふいにしたり、失敗を防げなかったりということがあると思います。

 先日NHKの「クローズアップ現代」という番組に、以前この事務所通信でも紹介した『日本でいちばん大切にしたい会社』に載っている企業が、この不況期においても雇用を安定継続させている会社として登場していました。そのうちの1社は、売上が半減しても定期昇給を行い、それでいて金融機関からの融資を受けなくてもあと10年はやっていけるということでした。変動費である売上が半減しているのに、固定費である人件費を上げるなんて、私たちの常識からすれば全く逆の戦略ですが、インタビューに答える社長さんは実に涼しげなもので淡々としていらっしゃいました。

 こんな時だからこそ、上手く時流に乗らなければ、と考えがちになりますが、何十年も淡々と「普通」を作り上げてきた人(企業)は、こんな時でも普段通り。私も「不況期対応の経営」といった記事を書いておりますが、地味だけれど何事にも動じない強さを持つ「普通の経営」という手法もあるのだと、大いに反省させられました。

〈参考文献〉『働き方』稲盛和夫/三笠書房/2009年4月

(2009/06/22・相原愛紀)