【事務所通信バックナンバー】

大切に

 私どもの事務所では、毎朝、社団法人倫理研究所発行の「職場の教養」という冊子を読んでいます。そこには、社会人としてハッとさせられるような事や、一人の人間として気をつけなければならないことが書かれています。挨拶をきちんとすること、身だしなみを整えること、言葉づかいをきちんとすること。当然のようでありながら、日常に埋もれてしまっておろそかになっていることを改めてきちんとしなくてはならないと気持ちが引き締まります。その中でも、「物を大切にする」ということが強く印象に残っています。

 マリナーズのイチロー選手は、試合後、スパイクやグローブを丁寧に手入れしているそうです。道具に対して感謝の気持ちがなければいいパフォーマンスはできない、といいます。物の扱いが雑で、すぐいろんなものを壊してしまう私にとっては、寝耳に水のような話でした。確かに、気分が悪い時に限って、身の回りの物の調子が悪くなったりして余計にイライラしてしまうことが多くあります。そんな時は、やはり、普段身の周りにあり、自分の作業なり生活なりを助けてくれる物へ感謝の気持ちを忘れてはならないのだな、と痛感します。また、お金を渡すときに投げる人をたまに見かけます。そういう人にお金は戻って来ません。なぜなら、お金を大切に扱っていないからです。更にはそのような態度では相手に不快な印象を与えてしまいます。「また会おうね」という謙虚な気持ちでお金を出すことにより、巡り巡って自分のところに戻ってきてくれる、といいます。お金の出し方一つにも気をつけるようにしたいものです。

 丁寧に生きることと物を大切にすることは繋がっているように思います。物を大切に慈しんでこそ、心の余裕が生まれ、丁寧な生活を送れるのではないでしょうか。ひいては、他人に優しく出来たり、仕事を円滑にこなすことができるのではないかと思います。

 物への感謝を忘れず、丁寧に生きることで、日常に小さな変化を起こしてみてはいかがでしょうか。

(2009/05/20・**退職者による記事**)