【事務所通信バックナンバー】

『大変!』−大きな変化−を読んで

 いよいよ沖縄梅雨入りのニュースが聞かれるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情に心より感謝申し上げております。

 世の中がたいへんな時代になり、暗い話題ばかりが繰り返される毎日です。しかし、こんな時こそ、税理士事務所を、その対応策、解決策を図るために不可欠な存在としてとらえていただきたい、ということで、TKCより会員事務所向けに様々な提案があります。そんな取り組みのなかこの書籍も送っていただき、事務所で回覧して読んでいます。

 著者は、大武健一郎氏。国税庁長官を歴任し、税制の企画立案と税務行政の両方を担当したという点で、他には例をみない税の専門家であり、日本全国、最近はアジアはじめ世界を飛びまわり、450カ所以上のものづくりの現場や工場を訪ね、経営者や従業員の人たちとの情報交換を趣味としている。とあり、その他にもすばらしい経歴を重ねている方です。

 現在の世界金融危機、それにともなう世界同時不況。この危機は、サブプライムローン危機に始まったのではなく、米ソ冷戦の雪解けにともなう「グローバル化」だと著者はいいます。

 つまり、グローバル化という変化にうまく対応し、それを利用した人や企業は成功し、その変化に対応できなかった人や企業 は閉塞感に打ちひしがれるという構図ができあがったのである。 (本文引用)

 この本は、「大変」は挑戦する価値のあるチャンスとして、時代の考察、日本の「大変」の本質、アメリカの「大変」の本質と専門家からみた実態が、わかりやすい言葉でまとめられています。そしてその次にモノづくり大国・ニッポンの再生と続きます。

 日本では、自分たちの「特技」に気づいていないところがある。私自身、日本だけでなく、世界主要国の工場、いろいろな作業現場を四五〇カ所以上見てまわって再認識したのは、日本はモノづくりが特技であり、つくづく「モノづくり大国」だということだ。
 もちろん、ヨーロッパにも、モノづくりのライバルはいる。ベルギー、ドイツ、東欧、北欧などの諸国に、日本の競争相手になるような企業はたしかに存在する。
 しかし、カネ儲けを度外視して、モノ自体をつくることに熱心な若者がいる国というのはそう多くはない。自分のカネ儲けのために働く若者はどの国にもいるが、よいもの、優れたものをつくるためにだけ特技を競い合う若者がたくさんいるというのはめずらしいと思う。
 本には、こつこつとモノづくりの場で働いている若者がいかに多いか。そういう世界でもめずらしい「モノづくり大国」であることに気づいていないというのも、また日本の特色の一つかもしれない。

 この本のなかで私が一番感動した箇所です。日本はだめだとか、最近の日本は、などという話はたくさん聞いてきましたが、実は日本はこんなにすばらしい国であったのです。過去の伝統文化の範囲だけではなく、日常の隅々まで、「モノづくりの感性、工夫」のいきわたったすばらしい国だったのです。

 またこの章のなかには、経済発展と環境の調和を図るのは日本のお家芸として、日本の環境対応技術は世界に冠たるものがある、というくだりがあります。私はこれを読んだ時に平成11年10月に発行された『21世紀 日本の使命』(芳村思風著/致知出版社)の中で 

 近代文明は科学技術文明です。だから、われわれ日本民族は科学技術文明を質において完成させ、終わらせる仕事をしなければならない、ということになります。 (上記引用)
と書かれていたのを思いおこしました。日本の白眉の急務は環境問題にたいする回答をだすことだとあったのです。この10年前に出版された本に書かれた使命を、日本は今実現しつつあるのだということを実感しました。10年前に読んだ時には難題であると思われたこのことを日本という国は実現することができるまでに進んでくることができたのだと、感動がわきあがってきました。

 拙い文章で、なかなかこの本の魅力をお伝えすることができませんが、『大変!』の第5章では世界が期待する「クール・ジャパン」(かっこいい日本)としてすばらしい日本の取り組みが紹介され、そして最終章では日本の未来戦略として具体的な提案がなされています。

 自分たちの未来は、自分たちで切り開いていく。そのためには、この「大変」な時代の環境変化に、しなやかに、粘り強く適応し、しっかり生き残っていくことである。
 その力を与えてくれるのは、われわれ自身の未来にかける夢であり、夢に向かってチャレンジする勇気である。
 この本を読まれて、この「大変」な時代の先に、光明があるのを感じ取っていただければ幸いである。
(「おわりに」より引用)

 厳しいこの時代にこの著者の送ってくれたメッセージを受け止め、一歩一歩頑張りたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。  

〈参考文献〉『大変!』その原因と対応/大武健一郎/かんき出版 2009年3月18日初版

(2009/05/20・荻原幸子)