【事務所通信バックナンバー】

捨てること

 「私は物をよく捨てます。」という人はあまりいないような気がします。どちらかというと、「私は物を捨てられません。」という人の方がよく聞きます。

 私は、捨てます。というより、無下に捨ててしまうと今の時代、エコではないということで、リサイクルできるものはリサイクルショップに持って行ったり、いらなくなった洋服は誰かにあげたりし、それ以外のものを捨てるようにしています。

 一時期、部屋の中も心の中も乱れていたことがありました。そんななか、ある言葉を聞いたのです。「執着心を捨てれば、楽に生きられる」。最初は何の事か理解できなかったのですが、まずは物に対する執着心を捨て、不要だと判断したものは、すぐに捨てるようにしました。おかげで、部屋も心もスッキリすることができました。不思議なことに「捨てなきゃよかった」と思うものはほとんど無いのです。いかに今まで物を溜め込んでいたかが身に染みるようにわかりました。その後は、必要最低限なものがあれば生きていけると実感したため、ひとつ何かを買えば、ひとつ何かを捨てるという癖もつきました。

 何かに固執することは、粘るという意味では大切なことかもしれません。でも、固執しすぎてしまうと、周りが見えなくなものです。“それが無くなったらダメになってしまう”というものが多いと、何かと足かせになってしまい、動きづらくなるのも事実です。

 本当に、執着心を捨てると楽になれます。極論を言えば、生きることについても同じです。「今死んでも構わない」と私は常に思っています。そう思うことで、今現在を精一杯生きられると思うからです。だらだらと毎日を過ごすよりは、今日死んでしまうかもしれない、という危機意識を持っていると、周りにも優しくなれますし、今やるべきことが明確になるような気がします。

 皆様も、何かを捨てることを実践されてみてはいかがでしょうか?

(2009/04/21・**退職者による記事**)