【事務所通信バックナンバー】

生きる喜び!

 杉井さんやったよ!ついに正社員に内定しました。入社するときに頑張れば正社員になれるといわれましたが、その時はあまりにも漠然としていて、どうやって頑張ればいいのか全然分かりませんでした。

 そこで思いついたのは、「とにかく皆よりも早く会社に行こう」ということでした。

 最初のうちは早く行ってもテレビを見ているだけでしたが、そのうちに仕事が忙しくなってきて、せっかく早く来ているのだから仕事を始める事にしました。

 そうしていると次長からフォークリストの免許を取らないか?と言われ、免許を取ることができました。おかげでますます忙しくなり、朝が早くなりましたが、入社するとき頑張ればと言われた言葉を信じてあきらめずに実行しつづけた結果、正社員になれたのです。

『不完全なあなたへ』杉井保之/文芸社

 馬淵君は、高校二年生の時に無免許の車にはねられて、身体に障害を負ってしまい、それから十年間、障害を取り除こうと病院や自宅で、ずっと努力してきたのでした。

 そんな時に杉井さんと知り合ったのですが、アルバイトで採用してもらった会社へ、一年間毎日、始業時間の一時間前に出勤して、今回とうとう正社員になったのです。

 誰も特別な人に憧れますが、いまあるこの自分で生きていくほかはなく、足りない条件は自分で補って、作り出していくより仕方のないことだと教えられた気がしました。

 どんなに小さなことでも、自分が努力して手に入れる喜びや、生きていることへの感謝は、楽をして手に入れた高価なものとは違った価値があると思います。

 私もやらない理由や愚痴、人のせいにすることはあってはならないと深く感じました。

(2009/04/21・荻原秀樹)