【事務所通信バックナンバー】

10年後の本棚

 桜のたよりの聞かれる季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げます。本年も無事所得税確定申告を終了し、ほっとしました。皆様のご協力に心より御礼申し上げます。

 期間中は、あまりにも仕事以外のことが見えなくなり、終わったとたんに花盛りの世間に驚いてしまいます。毎年、梅一輪の暖かさを実感しないままに盛春のまっただ中に放り出されるような気分です。急に目についた駐車場のうっすらと青みがかった雑草。その中のすみれはもう小さな花をつけていました。

 家の整理を始めると本棚の本に手が伸びます。思わず手にとった一冊。きのうまでもずっとその位置にあったのに何故か今日はその本に目がいきます。

 本の選択は、知識との出合いではなく、人との出会いである−そのことを踏まえて、私としてはあなたの学びになるだけでなく、友人になれる本を選びました。MBAで使われる教科書のような本でなく、むしろそこから抜け落ちてしまう、生きるための知恵をくれる本です。頭でっかちにならずに、道なき道をグングン進められる力をくれるような本をリストにしました。勝間さんが選択された、混乱する情報を見事に整理し、目の前がパッと開けるような本のリストと組み合わせることで、あなたの仕事上での実力と評価を上げる、力強い味方になってくれると思います。  ただ重要なのは、本のセレクションは、あなたの個性であるということです。本棚は、頭の中、そして心の中を映し出します。ですから、一番やってはいけないことは、本書に掲載された本を順番に一冊ずつ読破しようとすることです。(中略)  むしろ、あなたの身体が衝動を感じる本を買ってください。  頭ではなく、身体で感じること。それが良書を選ぶためのコツ。  自然に身体感覚を信じられるようになると、ビビビビと必要な本がわかるようになります。本屋さんに行くと、あなたが必要とする本から、あなたを呼び止めてくれるようになります。 (「はじめに−神田昌典」より)
とありました。まさにこの本に出会うべき時がきていたのだなと実感しました。

 この本は経営コンサルタント他多彩な活動を続ける神田昌典氏と2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから「世界で最も注目すべき女性50人」に選ばれた経済評論家(兼公認会計士)の勝間和代氏の対談、インタビュー等を通して選ばれた『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』 で、様々な観点から選ばれて興味深い書籍です。とくに読書年表は、子供のころからの読書歴が示されていて、こんな幼少のころから、と驚きます。

 著者は前述、「はじめに」と題した文章の最後に

 本書をきっかけに、あなたの才能と個性が解放され始めるでしょう。本書のリストに、あなたが行動するうえで悩み、ぶつか るたびに手にした自分自身の本を加えてください。そうしてできた10年後の本棚は、まさに未来のあなたを映し出します。
 本を手にとるということは、未来のあなた自身に出会っているのです。
  と記しています。私自身あまりに多くの本を読みかけであったり、いつかまたの気持ちで本棚に置き去りにしていますが、毎日少しずつ読んでいきたいと思います。そしてまたこの本の中に並べられた100冊の中から折りにふれて自分の本棚に加えていきたいと思います。

 申告期を終え、また新たな気持ちで頑張りたいと思いますので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

〈参考文献〉 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』 神田昌典+勝間和代・著/ダイヤモンド社/2008年10月
(2009/03/23・荻原幸子)