【事務所通信バックナンバー】

「絶対不可能」を覆した農家

 二年ほど前に宮城大学事業構想学部教授天明茂先生の退官講義をDVDで見る機会がありましたが、その中で青森県で無農薬りんご栽培をしている木村さんのことが紹介されていて、印象に残っていました。

 その業績は、2006年、NHKでもに番組として放送され、異例の大反響を呼びました。そして、2008年の7月に番組では伝えきれなかった木村さんのその長く壮絶な闘いの記録を世にだそうと出版の運びとなったということです。

 「絶対不可能」を覆した農家として「農薬も肥料も使わずたわわにリンゴを実らせる」そんな取り組みをこの本は紹介しています。私の両親も長年ぶどう栽培をして農薬、有機肥料を使ってきましたので果樹栽培者が病害虫の駆除に膨大な手間をかけていることを知っています。しかし、木村さんの作るリンゴは、農薬どころか有機肥料も一切使わず、そして「腐らない」といいます。いったいどんな秘密があるというのでしょうか。

 木村さんの無農薬でのリンゴ作りは、八年にも及ぶ試行錯誤の末にたどりついた独自のノウハウがあるようでした。木村さんは苦しみの中から次のような境地に至ったと著者は記しています。

 人が生きていくために、経験や知識は欠かせない。何かをなすためには、経験や知識を積み重ねる必要がある。だから経験や知識のない人を世の中の人はバカという。けれど人が真に新しい何かに挑むとき、最大の壁になるのはその経験や知識なのだ。  木村はひとつ失敗をするたびに、ひとつの常識を捨てた。100も1000もの失敗を重ねて、ようやく自分が経験や知識など何の役にも立たない世界に挑んでいることを知った。そうして初めて、無垢の心でリンゴの木を眺めることが出来るようになったのだ。 (本文引用)

 私たちの人生においてもこの言葉はあてはまると実感しました。そして冒頭で述べた天明先生の講義録の中でも印象に残っているのは、つぎのような場面です。

 木村さんが、自分ができることはもう何もない。夕陽は落ち、空には星が瞬きはじめていた。一本のロープをもって誰も眼につかないところまで登って、そこで自分が死ねばこのすべてを終わることができる。これ以上すべきことはもう何もない。どれくらい登っただろう。月の光の下にりんごの木があった。美しいりんごの木だった。のびのびと枝を伸ばし、そのすべての枝にみっしりと葉を実らせている。条件反射のように、誰が農薬をまいているのだろうと思った。  山中の平らな場所にどんぐりの木が何本も生えている様子がりんご畑のように見えたのだ。なぜ農薬をかけていないのにこの木はこんな葉をつけているのか。  森の木々には農薬など必要ないのだ。木村さんは土を作ればいいことに気づいた。 「これだ、これだ、これが答えだとな。」 (本文要約)

 死の寸前までさすらった木村さんは苦しみの中から見えてきた情景の中に悟りを得ます。

 自分にはもう何も出来ることはないと思っていたのが、まるで嘘のようだった。何も出来ないと思っていたのは、何も見ていなかったからだ。目に見える部分ばかりに気をとられて目に見えないものを見る努力を忘れていた。文明があまりにも進歩して、人間は自分たちの根っこがどうなっているか忘れてしまった。 (本文引用)

 苦労して辿りついた栽培法を誰にでも惜しげもなく教える木村さん。農業は人の命を支える根っこ、という考えにたち、見返りを求めず自分のなすことを黙々とつづけているといいます。そして著者は記します。

 インターネットがどれだけ便利になろうが、携帯電話で世界中と話が出来るようになろうが、毎日何かを食べなければ人は生きていけない。農業は人の命を支える根っこなのだ。

 そのための木村さんの地道な取り組み。「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合う」、私の人生の中でも大切にしたい言葉となりました。

〈参考文献〉『奇跡のリンゴ』/石川拓治・著/幻冬舎
(2009/02/18・荻原秀樹)