【事務所通信バックナンバー】

2009年 年頭所感

 新年を迎え、皆様益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 2008年は世界同時不況というたいへん厳しい状況のもとに幕を降ろし、2009年の日本経済はまた様々な難局を迎えようとしております。こんな時代だからこそ皆様のお役に立てますよう所員一同研鑽を積み、自利自他の気持ちを以て職務をまっとうしていきたいと考えておりますので、引き続きご指導、ご鞭撻くださいますようよろしくお願いいたします。

 私は休日の多くを本を読むことにあてていますが、昨年の暮れに読んだ書籍をご紹介したいと思います。

 『挑戦 我がロマン』 鈴木敏文著 (日本経済新聞出版社 2008.12.1発行)  
 競争相手に勝つことが目的であれば、勝った時点で挑戦は終わる。しかし、顧客のニーズが真の競争相手だとすれば、今日は応えることができたとしても、明日はまたニーズは変化している。だから、今日の満足に留まらず、常に一段上のあるべき姿を追って、挑戦は限りなく続く。
 今のままでもなんとかなるだろうと易きに流れるのは簡単だ。ただ、人間は本来、善意の生き物であり、よりよく生きたい、より成長したいと望む存在であると私は思っている。
「はじめに」より抜粋

 ともすれば、今までやってきたことの延長戦上にしか物事をとらえなくなってしまうような気風、それはこのような時代にあってはならないことだと思います。難を恐れ、たやすい方へと気持ちがいってしまっては、自分の人生の目標の達成もあり得ません。苦しさこそ世の常の姿、『艱難汝を玉にす』ということわざにもあるとおりです。そんなことから私の人生もこれからという気持ちで、自分の人生目標に向けて挑戦していきたいと思っています。この本の著者は皆様ご存知セブンイレブン・ジャパンを創設し、現在は株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長・最高経営責任者(CEO)である鈴木敏文氏です。日本経済新聞「私の履歴書」(2007年4月)に掲載された折りも楽しみに読ませてもらっていましたが、この度書籍として出版されるにあたり改めて読んでみました。この本の最後に

 その人の仕事の価値は、どんな仕事に携わっているかで決まるのではない。大切なのは日常的な意識の持ち方であり、挑戦する意欲を持ち続けることができるかどうかだ。
というくだりがあり、とても感銘を受けました。私自身の意識をいつも高く持ち、皆様のご繁栄のために日々よい仕事をしていくことができるよう努力してまいりたいと思っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

■2009年 基本方針
(2009/01/20・荻原秀樹)