【事務所通信バックナンバー】

2008年をふりかえって

 本年も皆様よりご厚情を賜りまして、まことにありがとうございました。この厳しい世相のなかで、無事一年を終えることができましたのは、ひとえに皆様の税務会計に対する深いご理解の上と心より感謝申し上げております。

 一年を振り返ってみますと、毎年時の流れの速さに驚くばかりです。そのなかでもいろいろな方との出会いがあり自分の心の中にその大切な思い出がしまわれていきます。

 本年当事務所に新しくご依頼いただいた方はもう四十年来ご主人の家業である会社の経理をされてきましたが、丁寧に記入された帳簿は四十年の歴史の重み。ご家族のことをみながら、また畑をしながらの毎日はさぞかしたいへんだったこととご推察申し上げました。どんなに世の中が合理化の道を急いでも、この日々の記録をきちんとこなしていくという行為は大変尊く、すべての基本となるものだと思います。また来年も皆様とともに、日々の経理を大事に、そしてその上にたって様々なことに挑戦していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 今年考え続けたことでは、以下のようなことがありました。以前からワンガリ・マータイさんのことは話題になっていましたが、夏頃の新聞記事に特集が組まれていたことで、また考える機会を得ました。

 2004年にノーベル平和賞を受賞したケニアの環境活動家ワンガリ・マータイさんが、日本を訪問した折り、「モッタイナイ」という言葉に感銘を受け、その精神を世界に広めていかれたのはとても嬉しかったことのひとつです。

 「産業技術が驚くほど発展したこの国で、人々は伝統的な文化を大切にしようとしている。初めて訪問した時すぐに分かった。食事の仕方、あいさつの仕方、人と人とのつながり、庭ひとつのつくり方も」
 「それは『大切にする』ということだ、とあとになって理解した。自分を大切にする。互いを大切にする。自然を大切にする。技術を神格化せずに、人間のために用いる。技術が日本人としての生き方のじゃまをするのでない。逆にもっと日本人らしく生きるために技術を使う」
(引用:山梨日日新聞 2008年7月19日版 19面より)

マータイさんは2005年2月に京都の清水寺を訪れ、「モッタイナイ」の意味について教えを受けたということです。単に物を無駄にせず再利用したりするというだけでなく、そこには「敬意」があり、仏教の教えにつながる。食べ物に感謝することは、料理した人だけでなく、それをつくった農民、雨や日をもたらした自然など、すべてに感謝することだと貫首に教わったのが忘れられず、「モッタイナイ」は以来、理性に訴えるだけでなく心の琴線に触れる言葉となった、ということです。

 東洋の小さな国、日本。その国の一主婦として、日本の精神、伝統、文化を大切に暮らしていきたいと考えています。

 迎え来る2009年もどうぞよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

(2008/12/21・荻原幸子)