【事務所通信バックナンバー】

心の羅針盤

 毎年12月には年末の言葉として、この一年を振り返り、こうして事務所通信の紙面に掲載しているわけですが、ここ数年は、去年はどんなことを書いただろうと、事務所のホームページを開いたりして、以前の記事を読み直すことが多くなりました。数えてみると、この年末の言葉を掲載するのも今年で12回目。年を経るにつれ、内容も変化し、次第にその時々で感じたことを書いていくようになってきています。

 私の場合、この事務所通信の記事を書くのには、その時にもよりますが、3〜4時間を費やします。内容を練るところから含めればもっと多いでしょうか。そして、全員の記事をまとめ、編集して印刷するのに約3時間、ホームページに掲載できるようにするまでにこれも約3時間。全ての作業を連続して行っているわけではありませんが、合計すれば約10時間のちょっとした一日仕事。時には通常業務が忙しくてなかなか手が付けられなかったり、アイデアが浮かばずに苦しんだりすることもあります。そんな風にして書いてきた記事も数えてみると、先月号までで367件。自分が書いたものだけでも94件に上ります。そこまでの時間と手間を費やして、オリジナルの事務所通信を作ることに疑問を持つ方もいるかもしれません。ただ、この作業を通して経験的に分かってきたことは、自分が考えていることを書いたり話したりして、一旦外に出してみる方が思考がより展開するということです。不思議と頭の中に留めておくだけのときとは有意な差が出てくるのです。企業会計にもこれと同じようなことがあるように思います。経理処理をどんなに丁寧にしたところで、そのことが直接的に顧客や仕事量を増加させるようなことはないでしょう。でも、漠然と○○がいくら増えた、減ったという捉え方より、売上が何円とか、利益率が何%とか、より具体的な捉え方をする方が次の展開が見え易いのは事実だと思うのです。改めてまとめてみる、形にしてみるということには、そういう効果があるのでしょう。その点で、この事務所通信の記事を書くことも、私たち自身の仕事をどう位置づけ、今後の展開をどうするのか、羅針盤たる役割を果たしていると言えます。

 今年は事務所に数年ぶりに新しい顔を迎え入れることができ、私も自分の仕事だけに集中していればよいという状況ではなくなりました。しかしそれによって、自分の新人時代を思い出すことで、私自身が十年以上に渡って身に付けてしまった悪い癖や凝り固まった考え方など、改めて客観的に見直すきっかけとなり、とても良い刺激を受けることができました。2年前の年末の言葉に「心に対象物のない状態を」と書いた私ですが、そのような境地に至るにはまだまだ時間が掛かりそうです。私たちを取り巻く状況は、いっそう閉塞感の強いものになっているようにも感じますが、こんなときこそ、心を澄ませて、「気分」に飲み込まれないようにしたいものです。今年一年、お世話になりました皆様、誠に有り難うございました。来年もよろしくお願いいたします。

(2008/12/21・相原愛紀)