【事務所通信バックナンバー】

六十年を振り返って

 私は今年で開業27年になりますが、開業当初の5〜6年は、税理士業務をつづける事への疑問と悩みの中で暮らしていました。理想と情熱とを抱いて、この道にはいりました。しかし一生の業として値するか、また生き甲斐はあるかという経験をしました。

 脱税をするのを暗に期待され生活がかかる自由契約の建前から板挟みになりました。経営者の中には、世界全体が自分の儲けのために回っていると錯覚している方もおられます。なんのためにこの職業を選んでしまったかと考えました。

 そんな時大学時代の恩師に話したら、そういうことも事実であるが君はもっともっと勉強するようにと忠告されました。忘れない一言でいつも思い浮かべて感謝しています。

 今は税理士を取り巻く世界も大きく変わりました。私の一人よがりだったと反省するようになりました。

 関与先に徹底してつくすことにより自分があると悟りました。電子申告をすることにより税務署の見方も好意的になりました。税理士法33条の2によりこのことも追い風になっています。翌月巡回監査の結果できた決算書で銀行の見る目もかわりました。

 どう生きようと試行錯誤してきましたが、精一杯の努力を払った人生をこれからも送りたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

(2008/12/21・荻原秀樹)