【事務所通信バックナンバー】

いのちの根

 私はいつも相田みつをさんの、以下のことばを心に留めています。

『いのちの根』
なみだをこらえて
かなしみにたえるとき
ぐちをいわずに
くるしみにたえるとき
いいわけをしないで
だまって批判にたえるとき
いかりをおさえて
じっと屈辱にたえるとき
あなたの眼のいろが
ふかくなり
いのちの根が
ふかくなる

 人は、苦しい時ほど、他人のせいにしたり逃げてしまったりしがちです。そうではなく、耐えてみたら、人としての深みが増してきますよ、ということばです。

 私の人生のモットーはただただシンプルです。”人のせいにしない”です。これは色んな場面に当てはまります。プライベートでも、仕事でも、批判を受けることや、屈辱を味わうことは少なくありません。「自分が悪いわけじゃない」と思っていても、謝らなければならない状況もたくさんあります。それでも、「本当に自分は全く悪くないのか?」「どこかに自分で播いた悪い種があるのではないか?」と考えることにより、人のせいにばかりしていることがいかに愚かかが見えてきます。プライベートでも同じことです。「だって…」「でも…」という言葉を使う人に限って、人としての魅力がありません。

 最近は、クレーマーと呼ばれる人たちが世の中にたくさんいて、とんでもない言いがかりを付けるそうです。サービス業をしている友人の話によると、「あなたが似合うっていうから買ったけど、家に帰ってみたら全然似合わなかったから取り替えて」「糸がほつれていることを言わずに売ったんだからお金に色をつけて返して」という類のものが急増しているそうです。似合う似合わないは自分で判断すればよかったのだし、糸がほつれているのに気がついたら素直に取り換えてもらえば済む話です。これではお互いに気持ちが悪く、このような争いをもとに犯罪が起こってしまったという例もあります。勿論、消費者が意見を述べるのは正しいことです。だまって我慢してしまうことは、社会向上にも繋がりません。しかし、度を超えてしまうと、ただの嫌がらせになってしまうのが現実です。

 少し話が逸れてしまいましたが、相田みつをさんのことばのように、何事においても、自分の意思・意見を貫くのがよいこととは限りません。厳しい環境の時にこそ、謙虚な気持ちで耐えることが自分自身の成長につながっていくのだと、日々自分に言い聞かせている私です。

(2008/10/21・**退職者による記事**)