【事務所通信バックナンバー】

TKC経営革新セミナー2008(3)

 2008年8月号(No.171)から3回に渡って掲載してきました「TKC経営革新セミナー2008」。当事務所のセミナーは11月13日ですから、来月の事務所通信では、開催結果についてご報告することになります。実りあるセミナーとなるよう、日常業務の合間にも当日使用する資料を揃えたり、講義の内容を練ったり、少しずつ準備を進めているところです。

 先月号では、これまでのセミナーで取り扱ってきたテーマを振り返りましたが、私がお話しさせていただいたのは、ほとんどが「会計」について。日々の実務に直結するものです。と言うのは、私たちが、監査や経営助言の業務を行うに当たって、その土台となるところが「会計」であり、関与先の皆様におかれましても、日々の経理業務や業績検討の際にまず必要となる知識が「会計」であると思われるからです。決算書の読み方など基本的なところから、会計データをどう生かすかという実際の企業の実践事例まで、「会計」というテーマの中でも色々なお話をさせていただきました。今回はセミナーの前哨戦として、これまでの講義の内容を簡単にまとめてみたいと思います。

 最初は損益計算書の話です。TKC会員事務所が提供する財務ソフトでは、必ず「変動損益計算書」を用いて業績確認ができるようになっています。制度会計で求められる決算書は、必ずしも経営に直接役立つような構成になっていないため、TKCの財務ソフトでは、法令に準拠した経理処理をすると同時に、経営管理にも役立つ資料を作成できるようになっています。制度会計における「売上」−「仕入」=「粗利」という計算を、管理会計の考え方で、「売上」−「変動費」=「限界利益」という変動損益計算書に置き換えます。売上は企業存続の「必要条件」、利益は企業存続の「十分条件」。赤字続きで存続できる企業はありません。売上のみに拘らず、利益管理の徹底に重点を置くことが大事です。

 続いては貸借対照表です。「売上」−「仕入」−「諸経費」=「利益」という計算は、商売をしている方ならおそらくどなたも意識しているもの。これが決算書の中の損益計算書の部分です。貸借対照表は、その営業活動の結果=利益(あるいは損失)を生むためにどのようにお金を工面したか、いわゆる資金繰りの部分を表しています。貸借対照表をよく理解することによって、単なる結果を表示するだけのものから、自分の意志で、将来こういう企業になろうというデザインを描いていくための設計図として利用できるようになります。

 業績把握が正確にできるようになれば、次はその検討です。ここでご提案しましたのが「PDCAサイクル」です。「PDCA」とは、Plan(計画)−Do(実行)−Check(検証)−Action(対策)のそれぞれの頭文字を取ったもので、計画を達成したらさらに次のサイクルにというように、このPDCAサイクルを継続的に繰り返し、業績管理・検討体制を構築していこうというものでした。セミナーでは、実際の企業事例にも触れてもらおうと、業績検討をどのように経営に生かしているか、経営者へのインタビューをDVDでご覧いただいたりもしました。

 そして昨年2007年は「業績アップの着眼点」として、業績検討(Check)を受けて、どういう対策(Action)を打つのかを、もう一度基本に立ち返って「変動損益計算書」で、具体的な数値によって捉えたらどうなるか、参加者の皆様には実際に電卓も叩いてもらいました。損益分岐点売上高(=経常利益が0円となる売上高=赤字にならない売上高)の考え方と計算方法、目標達成売上高の計算方法や更に固定費・変動費が増減した場合、借入金返済がある場合など、実際に起こりうる変化も想定し、その状況に応じた計算方法を身に付けていただきました。

 過去のセミナーの中では、同じことを繰り返しお話ししている部分も多いのですが、それはやはりそれだけ重要であるということでもあります。今回も損益分岐点売上高のお話をさせていただく予定ですが、それだけでなく何か新しい気付きをご提供できればと思っております。セミナーをやり始めた頃はそこまで考えが及びませんでしたが、前々回あたりから、過去のセミナーでこれまでどんな話をしてきたのか、その内容も踏まえて、繋がりのあるものにしなければいけないなと考えるようになりました。もちろん初めてご参加いただく方にも分かるような内容にしていますが、是非毎年続けてご参加いただきたいと思います。何年も続けてきたセミナーですので、年毎に少しでも深みを増していけるよう、当日までのあと1ヶ月弱の期間を大切に準備を進めています。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(2008/10/21・相原愛紀)