【事務所通信バックナンバー】

TKC経営革新セミナー2008(2) −会計で会社を強くする−

 先月号に引き続き、TKC経営革新セミナーの話題を。さらにサブタイトルにもしている書籍『会計で会社を強くする』のご紹介もさせていただきます。

 さて、この『TKC経営革新セミナー』―TKC全国会としては2003年から、当事務所でも2004年から毎年継続して取り組んでいるものです。そのサブタイトルを振り返ってみますと、「経営革新への取り組みが、優良企業への道を拓く!(2004年)」「変化をチャンスに生かす会社はここが違う!(2005年)」「社長の決断−元気な会社はあなたがつくる!−(2006年)」「社長の挑戦!−経営革新が運命を切り開く−(2007年)」となっており、「中小企業の皆様に経営革新を遂げ、元気になっていただこう」という共通のテーマが見て取れます。そして、今年2008年のサブタイトルは、「貴社の永続的な繁栄のための経営承継サクセスプラン2008」。全国のTKC会員事務所を挙げてのこの取り組みが、何らかの形で、皆様の経営に少しでも役立つことを祈ってやみません。

 私自身も、僭越ながら毎年講師を務めさせていただき、皆様にお話しさせていただいております。私がお話しさせていただいたテーマを振り返ってみますと、「『戦略経営者』から学ぶFX2ユーザーの経営改善事例集(2004年)」「決算書の見方(1)−貸借対照表とは−(2005年・経営者セミナー)」「決算書の見方(2)−貸借対照表の見方−(2005年)」「2代目経営者の経営革新−PDCAサイクルを回せ!−(2006年)」「会計データからつかむ業績アップの着眼点(2007年)」となっています。今年は、先の記事にも書きましたとおり、「黒字体質の会社をつくる8つのステップ」を講義のテーマに掲げております。今年の経営革新セミナーには、「経営承継」という大きなテーマがあるのですが、経営承継を行うためには、当然企業自体が存続していることが大前提となります。そのためにはまず「黒字体質をつくること」が大事であると考えます。

 講義に当たっては、その基礎となるところは、TKC全国会より資料が提供されるのですが、これのみに頼ることなく、自分の中にあるものを絞り出して、少しでも皆様に分かり易くお伝えしようと工夫しています。これまでのセミナーで、私がお話しさせていただいた内容からすると、1.具体的な企業事例を紹介する。2.会計についての基礎的な理解を深めていただく。というところを中心に据えるのが良いのではないかと思っています。現段階では、お話しする内容は、頭の中にぼんやりとしかありませんが、こんな風に事務所通信の原稿を書いたり、資料を読み込んだり、巡回監査など日々の業務を通して、徐々に固まっていきます。

 そんなアイデアの中の一つ、セミナー当日にも資料として使用させていただこうと思っているのですが、今回はそれに先駆けて『会計で会社を強くする』(坂本孝司/TKC出版)の紹介をさせていただきます。この本は、TKC全国会会員でもある税理士の坂本孝司先生がお書きになったものですが、内容は専門書の類ではなく、中小企業経営者の皆様や経理担当者を始めとする社員の皆様にこそ読んでいただきたいような内容なのです。話は会計の歴史を紐解くところから始まり、第1章は、会計(決算書)の持つ意味について解説されています。第2章は、実際どのようにして「会計で会社を強くする」のか、25のチェックポイントを挙げ、具体的な手法について述べられています。まず非常に興味深いのが、会計の起源。今まさに企業の皆様と我々会計事務所が取り組んでいる「会計」。著者である坂本先生自身も税理士となってから実務に携わりながらなお、その意義について納得できるものを見出せず、東京大学法学部大学院に入り、海外の文献を研究して辿り着いた会計の起源と意義とは―。それらを踏まえ、現代の(特に中小企業)会計が置かれている状況にも踏み込み、我々中小企業が「会計」と、どんなふうに向き合い、いかに有効利用していくのか、沢山のヒントを与えてくれます。

 中小企業にとっては、経営環境がいっそう厳しくなる中、経費の削減は避けられない問題でしょう。企業において「会計」に係る動きも経費の一つ。できればそこに手間や費用をかけたくない、削りたい、というのが現代の経営者の本音かもしれません。しかし、それは、我々のように「会計」を生業とする者よりもむしろ、企業自身にとっての痛手となるに違いありません。もちろん会計事務所とて、いたずらに手間や費用を増やすことを望んでいるわけではありません。最低限やらなければいけない事、やるべき事、能率化・省力化できる事、これらをよく見据えた上で、改めて「会計」が持っている力を再認識し、企業経営にお役立ていただきたいと考えているのです。

 今回は、セミナーに向けての準備の中、考えたことをお話しさせていただきました。この話の続きがセミナーでできるよう、さらに準備を進めていきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

〈参考文献〉
■『会計で会社を強くする』/坂本孝司/TKC出版
(2008/09/22・相原愛紀)