【事務所通信バックナンバー】

雑感

 二十四節気も処暑に近づいてきました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げます。二十四節気。各駅停車の駅のように様々な美しい季節をあらわす言葉があてはめられていて、私たちはまるで時の流れを行き交う旅人のような気がしてきます。

 八月七日、立秋という駅から八月二十三日、処暑へ。ここまでくれば、暑さが峠を越えて後退し始めるということで、少しずつ、空に風に秋の気配が感じられると実感する今日このごろです。

 普段とかく駆け込み乗車を繰り返している私は、今月の原稿こそ早めにと、休みが始まる前から書こうとしていたのですが、進まず、日々雑念が多いけれど、休みが終わった時の自分はいったい何を考えているか、その気持ちで書いてみようと考えました。

 休日最終日、八月十七日。万力大橋を渡る私の目に飛び込んできた笛吹川の風景。大きな石を幾つも川の流れの中におき悠然と流れる笛吹川。なんだか様々なことを超えて進んでいかなくてはならない、人の生き様のように感じられました。いつも眺めている川の流れにその日は特別このようなことを感じたのも何かの示唆のような気がしました。

 さて夏休みも明け、業務再開。

 世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。(1番目)
 世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。(3番目)

 これは、昨年参加させていただいたセミナーの中でいただいた、福沢諭吉の『心訓』七則からなるものの抜粋です。作者を福沢諭吉とすることに疑義もあるそうですが、たいへんよくできているということで、人気のあるもののようです。

 この言葉を読み、つくづくと仕事に携われることへの感謝の念が湧いてきます。自分の力不足が身にしみ頑張らなくてはとしみじみ感じます。

 次の駅九月七日は白露 〜秋の気配が見え始める時分〜 その日また自分は何を考え行動しているか、少しは前に進んでいられるように頑張りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(2008/08/20・荻原幸子)