【事務所通信バックナンバー】

TKC経営革新セミナー2008(1)

 例年全国各地で開催されております『TKC経営革新セミナー』。今年2008年の開催期間は10月6日(月)〜12月26日(金)です。当事務所でも11月上旬に開催予定です。まだお知らせするには少し早い気もしますが、既に開催日程が決まっている会計事務所もあるようです。当事務所の予定につきましても、この紙面とホームページで随時お知らせして参ります。毎年ご参加いただいている方も、まだ参加したことがないという方も、この機会に是非ご参加下さい。

 さて先月号でも、研修受講からヒントを得てこの原稿を書いたわけですが、今月も先月同様、この原稿を書いている同日に研修を受講しました。今回受講した研修は、TKC全国会が毎年この時期に行う「経営革新実務研修会」というもので、年ごとに年度重要テーマが設けられています。その内容は『TKC経営革新セミナー』の基ともなるもので、「創業・経営革新アドバイザー」の認定要件にもなっています。この「創業・経営革新アドバイザー」とは、TKC全国会が独自に定めるもので、その制度の目的を

 創業・経営革新アドバイザー制度は、『中小企業が現在おかれている逼塞状態を打開するため、中小企業の自助努力による「経営革新」、「経営改善」或いは「企業再生」を誘導し、その存続と健全な繁栄を実現するためにTKC全国会が「目利き役」を務める“実戦部隊”を育成し、中小企業の存続と繁栄を通して日本経済再生の一翼を担う』ことを目的として創設されました。
(研修で使用したテキストより引用)
としています。「日本経済再生の一翼を担う」なんて書いてしまうと、随分大げさだなとお思いになるかもしれませんが、まずその実践の第一段階として、関与先企業の皆様の黒字決算をご支援申し上げることが求められます。今度は何だか一転してつまらない当たり前の事を言っているようですが、赤字続きで存続できる企業はありません。現在、中小企業の7割が欠損企業(赤字)であると言われています。また廃業率が開業率を上回る状況も続く中で、何よりもまず大事なのは、黒字決算を実現し、経営を継続させることです。それには『会計で会社を強くする』こと―。実はこの言葉は、当事務所と同じTKC会員である税理士・坂本孝司先生のものなのですが、その著書のタイトルにもなっています。今その本を読んでいる最中なのですが、内容等はまた次号で。

 今年の経営革新セミナーでは、そんなことも交えてお話ししたいと思っています。来月以降もセミナーについてお知らせすると共に、今回の話をもう少し掘り下げてみたいと思います。

(2008/08/20・相原愛紀)