【事務所通信バックナンバー】

ガソリン代の高騰

 事務所に入り、はや半年が経とうとしています。入所した1月は雪が多く、本当に寒かったものですが、7月に入り、半年前の雪が幻だったのではないかと思うほど暑い毎日です。

 この度、初めて事務所通信の記事を書かせていただくことになりました。文才もなく、稚拙な文章で読みにくいかとは思いますが、どうかあたたかい目で読んでいただけたら幸いです。

 さて、今、最も家計を直撃しているものと言えば…ガソリン代ではないでしょうか。4月には128円前後だったものが、150、160、170円と値上がりしていき、今月ついに180円台に突入しました。来月には190円台に再値上げされるようです。それでも、山梨のような公共の交通機関が発達していない場所では、車移動は不可欠です。通勤、仕事での外回り、買い物など、車なしでは考えられません。

 そもそもガソリン税は、揮発油税と地方道路税から成り立っており、1リットル当たり揮発油税が48.6円、地方道路税が5.2円の割合で構成されています。つまり、1リットル当たり53.8円の税金を納めていることになります。あるデータによると、ひと月の一世帯あたりのガソリン代の平均額は、都心部で2000円、地方町村部では1万円となっています。そうなると、地方町村部の人は都心部の人たちに比べて、ガソリン税に限っては5倍の税金を負担してることになります。不公平なうえに、この税金は有意義に使われているのかと考えると、やるせない気持ちになる人も多いと思います。

 私事ですが、先日長年利用していた某デパートのクレジットカードを解約し、よく利用するガソリンスタンドのクレジットカードに乗り換えました。そのお陰で、今は店頭価格よりかなり安く利用できています。小さいことですが、仕事にもマイカーを使う機会が多いため、長い目で見れば効果は大きいと踏んでいます。

 山梨県も電車やバスなどが網羅されていればこんなに気を揉む必要は無かったと思います。キムタクが演じた、朝倉総理ならどのように解決してくれるのでしょうか。

(2008/07/16・**退職者による記事**)