【事務所通信バックナンバー】

会計は日本の財産

 アジアの国々にないもので日本が持っているものは会計です。一見、複式簿記による会計を当たり前のようにやっていますが、日本のように帳簿をきちっと持っているのは、台湾とシンガポールだけのようです。中国でも日本のように複式簿記を持っているのは外資系企業と国営企業の大きいところだけのようで、町の小売り店などでは、複式の帳簿はありません。日本でもつい前々は八百屋さんタバコ屋さんは、どんぶり勘定でした。

 ある品をいくらで仕入れたかが分からない。これだけ売りましたという現金出納帳は出てきますが、これをいくらで仕入れましたという出納は出ない。日本も江戸時代はそうで、これを最初に気づいたのが福沢諭吉らしいということです。

 1日毎の取引で、損か得かが決まるということは、今までのような年次決算ではダメで、本当は一日毎の取引において損か得かを考えるぐらいの会計がいる時代になっています。量的拡大の時代は、自分の帳簿を元にして、地道に取り組んで売上を伸ばす、それが最高のやり方だったのです。

 これからは売上ではなく利益に注目していく時代です。売上は小さくしても、利益をいかに上げるかということを実現するための体制をつくるには、財務分析が重要です。そのためには税理士が最大のパートナーです。私達会計事務所も一丸になり、しっかりやっていきたいと思います。

(2008/07/16・荻原秀樹)