【事務所通信バックナンバー】

六月の雨

 雨が大地を潤す季節となりました。そんなある日、とある寺院にお参りさせていただきました。人の力を圧倒する杉木立。降り注ぐ雨。

 今年もまたそのお寺の決算をさせていただきました。毎日記帳し、毎日現金残高を照合していらっしゃる会計日記帳は正確そのもので、いかに日々の記帳が大切かということを深く考えさせられます。

さて、今月は、本の紹介をさせていただきます。

『人生生涯小僧のこころ』 塩沼亮潤著 致知出版

 この本を読みはじめたきっかけは、新聞に書名がのっていて「大峯千日回峰行者が超人的修行の末につかんだ世界」と紹介文があり、心を惹かれたからです。まず一度読み、とても感動し、二度、三度と続けて読みました。そしてこの原稿を書いている今、四度目の読み直しをする幸せを得ました。修行の中で、はじめは何とか悟らねばと力を入れていたけれど、大自然の中のかけがえのない一員だと気づいてからは大自然と同化し、次第に一歩一歩「謙虚、素直、謙虚、素直」と心の中で唱えながら軽やかに明るく、まるで幼子が野山を散歩するように歩いている自分がいました、とありとても感動しました。そして山で修行した人だけしか悟れないというものではない。それぞれの生活の中で、それぞれに与えられた役目を果たしていく中で、心を研ぎ澄ませ、目を凝らし、耳を澄ませたとき、いろいろなことが悟れる。とありました。ああ、私たちの生きているこの日々、それは修行なのだ、と思いました。苦しくてもあたりまえ。謙虚、素直の心を目指して歩んでいきたい、そう思っています。表現はやさしくとも奥の深いこの本をまた何度も読み返していきたいと思います。

(2008/06/23・荻原幸子)