【事務所通信バックナンバー】

日本でいちばん大切にしたい会社

 TKCの会員事務所には、「読書命令」制度というものがあります。業務水準の維持向上のためには、不断の学問的・人間的鍛錬が必要であるとの考え方に根ざしているもので、上司が部下に対し、有効と思われる書籍の読書を命じるものです。私も所長より書籍を預かることがあるのですが、最近読んだ書籍の中で印象が強かったのが、『日本でいちばん大切にしたい会社』という本です。

 この本の中では、5つのキーワードと5つの会社の事例が示されています。

【5つのキーワード】

(5つの言い訳)
  • 景気や政策が悪い
  • 業種・業態が悪い
  • 規模が小さい
  • ロケーションが悪い
  • 大企業・大型店が悪い
(5人に対する使命と責任)
  • 社員とその家族を幸せにする
  • 外注先・下請企業の社員を幸せにする
  • 顧客を幸せにする
  • 地域社会を幸せにし、活性化させる
  • 自然に生まれる株主の幸せ

【5つの会社】

※いずれもトップページではなく、会社概要等のページにリンクさせていただいております。

 「5つの言い訳」と「5人に対する使命と責任」を自分自身に問うてみていかがでしょうか。正直、私自身も耳の痛い部分が多々あります。しかし、本書で紹介されている5つの会社は、5つの言い訳をせず、5人に対する使命と責任を果たしている、まさにタイトル通り「大切にしたい」と思える会社なのです。

 あまりに理想的で、素晴らしい事例を見せられてしまうと、「どうせ自分には無理だ」「そんなに上手くいくもんじゃない」と、卑屈になってしまいがちですが、どうか素直な気持ちで、本書を読んでみてください。中には目頭を熱くさせられるような心を打つ事例も紹介されています。また、いずれも中小企業の事例であり(うち1社は個人事業所です)、決して縁遠いような話でもありません。この記事で本書に興味を持たれた方には、余計な先入観を持たずに読んでいただきたいと思いますので、詳細な内容にはこれ以上触れませんが、どの会社も決して利潤や経済合理性の追求のみに走ることはなく、それでいて業績は好調を維持しており、何かしら経営のヒントになるところはあるのではないかと思います。

 さて、この本を読み終わってしばらくしてから、岐阜に住む私の友人から地元経済誌にに載っていたというある記事のコピーが届きました。岐阜県中津川市にあるギターメーカー「株式会社高峰楽器製作所」の代表取締役に対するインタビュー記事(詳しくは下記URLをご参照下さい)で、記事の後半には【地域とのかかわり−ふれあいコンサート−】との見出しで、新工場の設立を機に、地域の人々に感謝し、貢献する意味で開催するようになったというコンサートの話が載っています。「企業の社会貢献」などと大上段に構えてしまうと大事になってしまいますが、この会社も従業員数92名のいわゆる中小企業。しかしその製品は、日本のみならず海外の有名ミュージシャンにも愛用されているとのことです。

 数年前の「TKC経営革新セミナー」で、売上高は企業存続の必要条件、適正利潤は企業存続の十分条件、というお話をさせていただいた私ですが、最近は、数字には現れにくい企業活動についても目を向けなければいけないのだなと思うようになりました。もちろん、財務数値から経営について客観的にご助言申し上げる、という我々の業務の範疇を忘れてはならないと心得てはいますが、利益の追求だけが利益を生み出すのでもないということも心に留め置かなければいけないと思います。中小企業には、なお厳しい状況が続きますが、そんな事も少し経営に織り込んで考えてみるべき時代が来ているのかもしれません。

〈参考文献・引用〉
 ■『日本でいちばん大切にしたい会社』/坂本光司/あさ出版
 ■『人と経営』2008年6月Vol.369「経営者インタビュー」/(社)岐阜県経営者協会


(2008/06/23・相原愛紀)