【事務所通信バックナンバー】

個人住民税特別徴収の準備について

 来月から個人住民税の特別徴収税額が平成20年度のものとなります。従業員さんの個人住民税について特別徴収(給与天引き)を選択されている関与先様には、既にお手元に平成20年度の「住民税特別徴収税額の通知書」が届いていると思います。6月の給与計算の際には、徴収額を平成20年度のものに改めていただきますようお願いいたします。また、7月以降の徴収額は6月分とは異なります。6月と同じ金額で天引きしてしまわないようご注意下さい。

 なお、当事務所で提供しておりますTKCシステム・PX2(給与計算ソフト)では、昨年より「住民税の一括予約入力」機能が備わりました。この機能で、住民税の特別徴収税額を事前に入力しておいていただくことで、毎月の給与計算の際に、各人の特別徴収税額をその都度確認する手間を省くことができます。入力方法は以下の通りです。

 「社員情報」タブ(青枠内)の「A 社員情報の入力」−[2 住民税の一括予約入力(確認)](赤枠内)ボタンを押していただくと、以下のような入力画面が表示されます(※この操作は処理月が5月になってから行ってください。処理月が4月の場合は、前年の入力データが表示されます)。

PX2社員情報メニュー画面

PX2住民税の一括入力画面

 通知書記載の金額をよくご確認の上、各人/各月の特別徴収額を入力して下さい。7月分を入力した後は、[F6以降同額]ボタン(赤枠内)を押していただくと、7月分に入力した金額と同じ金額が翌年5月分まで自動転記されます。なお[F7縦入力(または横入力)]ボタン(青枠内)か画面右上の[入力方向]ボタン(青枠内)で、入力方向を縦(各人毎の入力)または横(各月毎の入力)に切り換えることができます。

 ここで入力した金額は、毎月の給与計算の支給控除の入力の際、「住民税」欄に自動で反映されます。

 毎月の給与計算処理を確実にするため、時間に余裕があるときにでも、事前に一括予約入力されることをお薦めします。この他にも『PX2』には、給与計算のみならず人事労務情報管理のための機能が備わっています。まだ自計化システムを利用されていない皆様も導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

(2008/05/21・相原愛紀)