【事務所通信バックナンバー】

『労働保険年度更新/申告書の書き方』38頁より続く道〜電子申請を利用した年度更新手続き〜

 緑も日に日に濃さを増す今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情、心より感謝申し上げます。

 企業内の事務作業をいかに軽減していくかという問題は永遠のテーマですが、近頃のように電子化の流れが加速している時代には電子の力を借りることがたいへん有効であると考えます。

 電子化の目標としては、

  1. 国税、地方税の電子申告
  2. 源泉所得税、毎月電子納付
  3. 業務用支払いのインターネットバンキング決済
  4. 労働保険の申告・納付も電子申請・電子納付
  5. 雇用保険の各種届け出も電子申請
  6. 社会保険の届け出、算定も電子申請
があげられます。

 現状では、これらの業務を電子化することで、外出し、駐車場を確保し、待ち時間を経て業務完了、そして帰り道、という流れによる所要時間、心理的負担の軽減が図れます。 こんな効果をねらって当事務所でも国税、地方税の電子申告と並行して、業務の電子化に力をいれ、皆様のニーズにもお応えしたいと考えております。

 今月は労働保険の年度更新手続きを電子申請にておこなってみました。

 給与計算自計ソフトである戦略給与情報システム(PX2)をお使いの方は、労働保険の申告は、ほとんど時間をかけずにおこなっていただけたのではないでしょうか。業務の選択画面で「社保労保」を選び51番の労働保険料申告書作成資料を選択していただき、集計方法の指定、そして前年度の申告済概算保険料額を入力していただくと資料が作成されます。その結果を『労働保険適用徴収管理ソフト』の労働保険年度更新の画面で入力していくだけで、申告をおこなうことができます。そうは言っても、コンピューターの環境を整え、電子証明書を取得し、完全に申告をおこなうまでには、時間がかかります。用語から何から新しいものがでてきて、なかなかつかみにくい点があります。迷って迷路にさまよい込んでしまうこともあります。こんなことを体験するとTKCの電子申告システムがいかにすばらしいかということに思い至ります。実際e−taxから直接電子申告をやろうとするとかなりいろいろなことに気を配らなくてはならないものだと実感しました。そんなわけで使いやすく確かな電子申告システムを構築し、ご指導くださったTKCの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 電子申請の総合窓口が統一され各省庁の手続きが一元化されたとはいえ、実行環境を整えるのはまだまだたいへんという感じがします。しかし、この道を一歩一歩進んでいきたいと思っています。当事務所では、まず受けてみよ、という所訓がありますので、関与先の方から電子申請がやりたいというご要望があればすぐご助言申し上げられるようにと考え、電子申請に挑戦しています。まだ県内でも利用は少ないように感じられますが、盛んに利用されるようになった時には腕前をあげていられるように準備しています。

 電子の世界。様々な業務の時間的短縮をめざして。そしてその成果として生まれた時間は思いっきり物事の本質に迫る大事な業務のために費やしたいと考えています。

 今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

(2008/05/21・荻原幸子)