【事務所通信バックナンバー】

憲法と内部統制

 今月の15日に税理士会の研修会がありました。講師は司法試験受験指導の伊藤塾弁護士、伊藤真先生でした。前からどんな話が聞けるか楽しみにしていた研修会でした。

 結論としては法律も憲法も理想論であり、100年後の国家を目指して理想を掲げているのかもしれませんとのことでした。もし明日憲法改正の是非を問う投票が行われるとしたらと思い、講義の内容を一言一言真剣に聞きました。

 話の内容はいくつかありました。その中で法律と憲法を記述したいと思います。

 法律は、国民に対して、命令したり、禁止したり、ルール作りもしています。これは、一面では国民の権利や自由を制限するものですが、社会秩序を維持し国民の権利や自由を守るため必要な制限でもあるようです。

 法律に従わなければならないのは、法律が正しいとされているからです。法律が正しいのは、多数者の意見に従っているためである、と考えることができます。多数意見は、往々にして少数者、弱者を無視、抑圧したものになりがちです。しかし、少数意見でも奪えない価値、奪ってはいけない価値があるはずです。そこで、法律の制定、執行をはじめとする国家権力の行使に歯止めをかけ、多数意見でも奪えない価値を守ることが必要となります。そのために定めたのが憲法です。

 法律が国民の自由を制限するものであるのに対し、憲法は、国家権力を制限して国民の権利、自由を守るためのようです。

 憲法の根本的意義、役割とは何か。それは権力に歯止めをかけるとのことです。その事は小学校でも中学でも高校でも、教えてはくれません。教科書にも出てきません。しかし、これは、憲法学のもっとも基本的な常識のようです。想像力をかきたてる研修会でした。

〈参考文献〉
 ■東京地方税理士会 平成20年5月15日配布レジュメ
 ■『日本国憲法の論点』 伊藤真著 トランスビュー発行
(2008/05/21・荻原秀樹)