【事務所通信バックナンバー】

帳簿を付ける側、見る側

 会計事務所では毎年慌ただしいこの時期、今年は個人的にも忙しい時間を過ごしました。と言うのは、私が所属しております地元消防団では、多額の予算を区から預かっている関係上、年度末には毎年、区に対して会計報告を行い、監査を受けることになっているからです。私自身はまだ、団の中で会計という立場にはないのですが、仕事柄、会計処理についてはできるだけ協力しようということで、昨年末くらいから、今年度の会計処理を少しずつ進めていました。

 消防団の会計簿は、事業者の皆様が普段付けている複式簿記の帳簿とは違って、収支のみの比較的単純なものですが、それでも数えてみれば、取引数は年間で2百数十件あって、提出書類も記帳した帳簿類や領収証、決算書、ご寄付をいただいた方の名簿など、それなりにボリュームもあります。団の役員もそれぞれに年度末で仕事が忙しい中、予定を合わせて作業を行い、時には深夜にまで及ぶこともありました。私も限られた時間の中で皆の作業負担を少しでも軽くしようと、エクセルで集計表を作ったりして、会計処理を進めてきましたが、そんな中で、自分が帳簿を付ける側に立ったのは初めてなのではないかと、ふと思ったのです。

 会計報告に向けた準備をする中で、「前年に対して、この費目が増えた又は減ったのはこういう理由で―」「来年度の予算についてはこういう計画で―」などと、色々な思いを巡らせていましたが、いつも皆様の帳簿を見る(=監査する)側に立っている私にとっては貴重な体験となりました。会計事務所の役割として、親身になって皆様のご相談に乗る一方で、第三者として、客観的に冷静に振る舞わなければならないところもあり、そのバランスをどう取るか、どう使い分けるかについては、思い悩む部分も大きいのですが、私のようないちサラリーマンが、普段なかなか体験できない経営者的視点をほんの少しだけでも味わえたことに感謝します。一枚の何の変哲もない領収証にも、「そう言えばあのときは…」と色々な事が思い出されて、そう考えると、皆様の帳簿にも、それぞれに色々な経緯や表に現れない苦労があることを想像しつつ、監査しなければいけないのだなと思いを新たにしました。

 年度末から初めにかけては、公私に渡り、皆様も何かとお忙しい時間を過ごされることと思います。ご健康には十分ご留意下さい。今年も確定申告へのご協力、誠に有り難うございました。

(2008/03/19・相原愛紀)