【事務所通信バックナンバー】

日脚も延びて

 三月も中旬を過ぎ、桜前線の気になる季節となりました。確定申告受付開始頃は、まだ暦の上では春といっても、冬そのものの寒さのまっただ中にいた身としては、緊張した日々を過ごして急に放りだされた景色が、こうとまで進んでいたとはと浦島太郎の気持ちです。

 本年も無事、所得税確定申告書の提出を完了することができました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。開業以来年月を重ねる毎にいろいろな面が整ってきて、日々の経営面や経理の上でのご努力が伝わってまいります。

 本年は、確定申告期を前にして山梨税務署から署長様、個人課税第一部門統括様にお訪ねいただき、電子申告に対する取り組みの評価と激励を賜りました。また期中にも税務署に出向いた折り、署長様より改めて電子申告への取り組みを高く評価していただいたそうです。

 私は、この電子申告による効果にも様々なものがあると思いますが、目的のひとつに申告書受付や確認にかかる膨大な時間を、検証する時間にあて、適正な申告がおこなわれるようにする、と書かれていたのを見た時にとてもすばらしいことだと思いました。当所関与先の皆様は日々ご努力いただき、ひとつひとつの仕訳まで正確に起票していただいておりますが、世の中すべての決算、申告書において正確に作成されているかどうか、正しくないものは、それなりの処遇をうけて欲しいと思っているからです。正直な人が日の目を見る世の中であって欲しいと思っています。

 私の力不足で、確定申告時期は精神的につらいものがありますが、平成19年期から担当させていただいた関与先様から「期中にいろいろお話しを聞かせていただいていたので、何も言うことはありません」とおっしゃっていただき申告検討表の内容にすぐにご承認いただけたことが、とても嬉しいことでした。 また、1月末から新しいスタッフを迎え、とても明るく楽しく毎日を過ごせたこともたいへん嬉しいことでした。さびしくなっていた事務所に花が咲いたようでした。若い人のパワーが溢れ様々な形で、皆様方のもとにお届けできることが、私の楽しみのひとつでもあります。

 そして最後に締め切り日の夜、e−TAXの電子申告に独自に取り組んでいただいた方がいたことです。お仕事を終えてご夫婦でパソコンの前で申告に取り組み、電子証明書取得控除も申請され、見事送信を完了されました。今後電子申請の世界へひろがっていき、事業所様の省力化が図れることと思います。

 このように今、確定申告を終えほっと一息というところですが、時はどんどん進んでいきます。少しでも皆様のお役にたてますよう努力していきたいと思いますので、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

(2008/03/19・荻原幸子)