【事務所通信バックナンバー】

経理のポイント―社会保険料(2)

 前回(No.160・2007年9月号)から随分間が空いてしまいましたが、引き続いて社会保険料の実務についてお話ししていきます。

 社会保険事務所からは、毎月下旬に下記のような「保険料納入告知額・領収済額通知書」が届きます。

保険料納入告知額・領収済額通知書
実際の書類には、上記のような計算欄が2つ横に並んでおり、左側がこれから(その月に)口座振替される金額で、右側が前月に口座振替により受領された金額です。「健康保険料」「厚生年金保険料」「児童手当拠出金」は、いずれも社会保険に加入している全社員分の合計額が表示されています。口座振替された金額は、通帳には「合計額」のみが記帳されます。社会保険料には、事業主負担分と従業員負担分がありますので、これらを区分して仕訳を起こす必要があります。

 「健康保険料」「厚生年金保険料」は、事業主と従業員が折半することになっており、「児童手当拠出金」は、全額事業主負担です。上記の金額で仕訳を起こすと、

  1. (借方)法定福利費/(貸方)預金 \32,838-.
  2. (借方)預 り 金/(貸方)預金 \32,474-.
となります。1.の仕訳は、[健康保険料22,960÷2=11,480(円)]と[厚生年金保険料41,988÷2=20,994(円)]と[児童手当拠出金364(円)]の合計額より成っています。2.の仕訳は、[健康保険料22,960÷2=11,480(円)]と[厚生年金保険料41,988÷2=20,994(円)]の合計額より成っています。

 実際には、上記のように折半額が割り切れず、円未満の端数が生じることがあります。事業主が、給与から被保険者負担分を控除する場合、被保険者負担分の端数が、50銭以下のときはその端数は切り捨てし、50銭を超える場合は切り上げして1円となります。被保険者が、被保険者負担分を事業主の方に現金で支払う場合、被保険者負担分の端数が、50銭未満のときはその端数は切り捨てし、50銭以上のときは切り上げして1円となります。また、事業主と被保険者との間で特約がある場合は、その特約に基づき端数処理をすることもできます。

 上記の例は、社会保険加入者が1名で、折半額に端数が出ない想定ですので、通知書に記載された金額を2で割るだけで仕訳の金額が簡単に求められますが、従業員数が多い場合や端数が出る場合、正確に仕訳を計上するには、従業員個別に計算をする必要がありますので、もう少し手間がかかります。当事務所では、エクセルの集計表を提供して、社会保険料の管理に役立てていただいております。

【▼エクセル集計表のイメージ】 社会保険料管理表.xls

 実際の経理処理の手順のなかでは、単に仕訳を起こすだけでなく、天引きした社会保険料と通知書に記載された金額を照合して、保険料が正しく控除されているか、正しい金額が引き落とされているかの確認もしておきたいところです。前回の記事でも述べましたように、保険料率や標準報酬月額が変わっていたのを忘れていて、従前の金額で天引きしてしまったような場合には、天引き額と引き落とし額が一致しなくなるわけですから、誤りの発見にもつながります。機械的に折半額で法定福利費と預り金を仕訳するだけでは、誤りに気付くことはできません。

 社会保険料は、上記のとおり、費用に計上される部分(法定福利費)と通過勘定として処理される部分(預り金)がありますので、処理を誤ると、法人の利益計算も誤ってしまいます。それだけでなく、従業員個人の所得税計算(社会保険料控除)にも影響を及ぼしますので、正確な経理処理が為されるよう心がけたいものです。

(2008/02/20・相原愛紀)