【事務所通信バックナンバー】

2008年にむけて

 本年もご厚情を賜りましてありがとうございました。一年をふりかえってみますと、世の中の動きの早いことに驚かされます。平成12年11月にIT基本法『高度情報通信ネットワーク社会形成基本法』が成立し、翌年には『e−JAPAN戦略』が発表され、以後IT関連に力が注がれてきました。その結果として中央省庁とのオンライン化が強化され、税務の世界では、電子申告があたりまえになってきました。今までの価値観をくつがえしていかなくてはならない部分もあり、慣れるのに少し労力が必要でしたが、関与先の皆様の負担が少ないようにと所内でいろいろ考え、工夫し、実践にあたってきました。まだまだ不十分な面もあると思いますので、いろいろとご意見をお寄せください。

 税務にかぎらず、厚生労働省においては、社会保険や労働保険がオンラインで手続きできるようになりましたし、法務省では電子入札、オンライン申請などやはり身近にITが迫っているといった感じです。

 インターネットの利用により今まで外へ出向いておこなっていた業務が、事務所内にいながらすべて完了といったことが起きるようになりました。私は、内容証明郵便を出すのに日本郵便のホームページからインターネット利用による『電子内容証明サービス』を利用してみました。ファイルのダウンロードや初期設定など最初は恐る恐るの感がありますが、一度突破すると、あとはこんなに手軽なものだったのかと思えるようになります。

 このようにITによる方法を使うに至るまでには少しばかり気苦労が伴いますが、電子政府構想を政府が推し進め、中央省庁が電子による方法をここまで推進している以上は、私たちもこれを使いこなすようにしていくことが必要と感じています。私自身の来年の目標は、関与先の皆様に業務の電子化を進めていただくことです。そのために自分でもできるだけ多くの電子の世界を試してみたいと思っています。また皆様方が実行されたことでよかった方法などをお教えいただけたら幸いです。

 ある日、銀行の駐車場で、当所関与先の奥さんにお会いしました。両手にかわいいお孫さんを連れて、源泉税の納付だったと思いますが、とてもお忙しそうでした。家にはご高齢の方もいらっしゃいます。日々の様々なご尽力に頭がさがります。そしてこのとき、電子環境が整えばどんなに楽に日々の業務をこなしていただけることか、と感じました。私自身何もわからない身ですが、皆様のお役にたてるように頑張りたいと思っております。

 いよいよ2007年もあと数日。本年もいろいろとご指導ご鞭撻を賜りましてまことにありがとうございました。迎え来る2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2007/12/19・荻原幸子)