【事務所通信バックナンバー】

働くということ

※この記事は2007年12月・163号に掲載したものをそのまま再掲しています。

 私の部屋の隅に、あおぐのもはばかられるくらいボロボロになったうちわがあります。骨が折れ、紙もはがれかけたそのうちわには、「豆腐と菓子の店 相原商店」と書かれています。私が生まれるよりも前―私の父や、おじ・おば達が子供の頃、相原家では商店を営み、生計を立てていたのです。その名残は、今やこのうちわにしか見ることはできませんが、私がまだ小さい頃は、家には土間があり、その土間には大きなかまどと機械が鎮座していました。かまどは大豆を煮るためのもの、機械は煮た大豆を挽くためのものです。これで豆腐や味噌を作って、売っていたのだと思います。私が小学生の頃くらいまでは、実際にこれらを使って、家で食べる分、親戚やご近所にお分けする分くらいの味噌を作っていました。思い返してみると、一口に味噌を作ると言っても、当時のそれは大変な作業で、まず大豆を作るところから始まって、収穫した大豆を家の前に組んだやぐらに株ごと干して、乾いたらそれを槌で叩いて鞘から豆を取り出し、その豆を煮て、煮た豆を機械で挽き、麹と塩を混ぜ、樽に入れて寝かせ発酵させる。味噌が食べられるようになるまで、それこそ1年とか2年という時間がかかるうえ、作業も大豆を栽培するところからやるわけですから、その労力たるや大変なものです。

 思えば、祖父母にしても、父や母にしても、本当によく働いていました。子供心にも、土日くらいは休めばいいのに、と思うくらいでした。ただし「働く」と言っても、それは必ずしも賃金という対価を得るものばかりでなく、(特に祖父母のそれは)衣食住に直結したまさに生活するためのものでした。もちろん現代だって誰しも生活するために労働しています。しかし現代の労働は、生活とは切り離されていて、それぞれが独立しているような気がします。一方、昔は働くということが生きるということとほぼ同義で、命を長らえ、繋いでいくには、働かざるを得ないし、生きることが動物的本能であるが故に、それとほぼ同義である働くという行為もごく自然なものであり、そもそも疑問を差しはさむ余地さえなかったのだろうと思います。

 現代において「働く」ということは、なにかとても理性的に捉えられているように感じます。「何のために働くのか」「自分の天職は何か」「理想の職場環境は」「希望する年収は」といったように、まずいくつもの問いが立てられる。物事に深く思いをめぐらせることは悪いことではありません。しかし、考えること自体が目的化してしまって、働くという行為そのものがどこかに追いやられてしまっているような気がするのです。過労死してしまう人がいる一方、働きたくても働けない人、働いても働いても生活に困窮している人、働けるのに働かない人―現代の労働は、こんなにも混沌としています。現代の方がはるかに選択肢が多いはずなのに、いや、選択肢が多いからこそ迷うのでしょうか。

 東証1部上場企業の2008年3月期決算が、5年連続で最高益を計上する見通しであるとのニュースも流れる中、中小零細企業の状況は依然厳しく、回復どころか悪化している企業も少なくありません。現場からは、従業員を採用してもすぐ辞めてしまう、仕事の受注が減った、利益が上がらない、といった嘆きが聞こえてきます。確かにこの閉塞感の中では、働くことに明確な意味を見出しにくいのかもしれません。

 私は地元消防団に所属しているのですが、今年は県の消防団員繰法大会に選手として出場しました。大会に向けて6月半ばから9月の初めまで、夜間に週3〜4日程度の練習があったため、とても忙しい夏でした。その大会も終わり、少し落ち着いた秋のある日、祖父の七回忌法要を執り行いました。親族が集まり、祖父の思い出話をする中、私は、希望も不満も言わず、ただ淡々と働く祖父の姿を思い出していました。私もあれやこれやと考えすぎて、頭でっかちになるきらいがあるのですが、祖父の働く姿を思い出すと、もっとシンプルに労働というものに向き合っても良いのではないかと思うようになりました。

 件のうちわは、ずっと前にたまたま見つけて、そのレトロな雰囲気が気に入って何となく取っておいたものです。今は埃をかぶって無造作に置かれているだけですが、少しきれいにして飾っておこうかと思います。年末の事務所通信には、いつも一年を振り返って反省などを書くのですが、今回は最近考えていることをとりとめもなく書いてみました。末筆となりましたが、今年お世話になりました皆様、誠に有り難うございました。

(2007/12/19・相原愛紀)