【事務所通信バックナンバー】

平成元年

 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情に心より感謝申し上げております。

 去る11月9日(金)、山梨中央銀行日下部支店さんを会場にお借りして、『TKC経営革新セミナー2007』を開催いたしました。別紙瓦版で内容をご報告させていただいた通りですが、ご参加くださった皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

 事務所では何ヶ月も前からTKCの方も交え打ち合わせを重ねてきました。遅くまで準備を重ねてもらい、当日を迎えたわけですが、私は、また今年も何もしないうちに当日となってしまい、セミナーには聴講者のひとりとして参加したような感じでした。そんな中で思い出したことがあります。

 『所長の挑戦−お客様の持続的発展を願って!−』の中で、創業の歩みなどが語られましたが、発展期のところで、「転機到来(なぜTKCに入会したか)」という箇所がありました。TKC入会は昭和62年のことですが、システムなどは使っていませんでした。しかし、平成元年の消費税法施行をきっかけにシステムを使わせていただくようになりました。当時この大型の間接税の導入に列島を激震が走ったという感じで、税務会計の現場でも様々な不安がありました。このような中、研究に研究を重ねて完成したTKCの消費税完全対応型のシステムは、使いやすく、頼りがいがありました。以後改正もなされている消費税ですが、そのかなり前から啓蒙していただき、スムーズに運用されています。膨大なものが、システム上にはたいへんシンプルな形で組み込まれていて、しかも多くの帳票に反映できる、そんな感じのシステムでした。

 いざ導入を決め、いったいデータはどのように処理されるのかと思い、当時代々木にあった新宿南情報センターというところへ見学に行かせていただきました。武井さんという当時二十歳位の女性と二人で出かけていきました。前日17時までに伝送したものが翌日の10時までに会計事務所に届けられるというスピード、東京と地方という距離がないことに感動しました。

 さて、後には戻れない。関与先の皆様への説明が始まります。開業五年位の時のことですから、やっと関与先になっていただけたお客さんに何とご説明してよいやら。

 「遡って伝票の修正はできません。」今ではあたりまえのことですが、このことを押し進めていくのがどんなに大変だったかしれません。時間をかけてもついに一緒に進むことはできずに顧問契約解除に至った関与先もありました。そんな厳しいなかでもやはり、TKCの理念がすばらしいからこそ、また、この道が関与先の方にとっても最善の道と思ったからこそ、まっすぐに進んで来られたのだと思います。ここまでついてきてくださった関与先の皆様には心より感謝申し上げております。

 システム導入から二十年近くの歳月が流れましたが、TKCに入会して本当によかったと思い続けてきました。税法や社会情勢がかわってもゆるぎない体勢、正しいことは正しいと自信をもって言える心のよりどころ、そして困ったときに篤い支援をしてくださるTKCの、そして同業の皆様の存在。私には難しいことはわかりませんが、このようなわけで、多少の困難があっても、毎日元気を出して仕事にあたっていこうと思っているような次第です。

 武井さんが好きだった夏バンドTUBEは、冬の歌も出して、益々輝いています。この長い年月ずっと一流でいられるというのはすごい努力ですよね。あの切り替え時の緊張した日々のこと、しばらく忘れていましたが、このセミナーを期に少し脳裏によみがえってきました。私は、かつて一緒に仕事をしてきた仲間であったスタッフのそれぞれの人たちに感謝を込め、また事務所の方針について来てくださった関与先の皆様に感謝をこめて『所長の挑戦−お客様の持続的発展を願って!−』を聞きました。

(2007/11/20・荻原幸子)