【事務所通信バックナンバー】

日本を考える

 今年もまた『TKC経営革新セミナー』を開催することができました。ご協力いただいた山梨中央銀行日下部支店の皆様、TKC山梨センターの皆様、また、ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

 私は、そのときのテーマの中で話した書籍、『日本人に謝りたい』(モルデカイ・モーゼ著/久保田政男訳/日新報道)についてご紹介します。

 この本は1979年に発行されましたが、二十年後にまた、新装版となって発行されました。その序である「復刊にあたって」には、

 20年前、日本は「21世紀は日本の世紀」「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともてはやされ、束の間の繁栄に酔い痴れていい気になっていた。そんな時、日本はこのままでいいのだろうか、日本は本当に大丈夫なのか、と考えるようになった。

 それから、20年。今、未曾有の不況とともに、日本人としての誇りや気概、自信さえ失うに至り、混迷の度を深くしている。ここに日本の蘇生を願い、改めて「日本という国のあり方」を問うべく、この本を再び世に送り出すことにした。

 (以上一部筆者要約)

 平成11年4月 日新報道編集部
とあります。戦後社会がたどりついたこの平和な世の中。しかし、何か違う、何か大切な物を失ってしまった、と考えるのは誰しも同じなのではないでしょうか。

 上記セミナーの荻原会計事務所の未来戦略という項目に『継続的な黒字決算の実現』をあげましたが、この実現には深層的に日本の古代より長く培ってきた精神性が不可欠という気がします。以下私がこの本を読むきっかけとなった『人類経済秩序の確立を目指して〜‘いのち’の視点で地球・社会・企業・家庭を考える〜』という天明茂先生のレジュメより引用させていただきます。

[ユダヤ人がみた日本人の長所・美点]

  1. 日本人は非常に愛国心の篤い国民である。国を愛する度合いは、自分の家族よりも、時には、自分自身の命よりも優先する国民である。
  2. 日本人は格式を重んじ、年功序列を尊び、長幼の序を重んじ、先輩後輩の礼儀を大切にする。男性は男らしさを旨とし、勇猛果敢であり、女性はしとやかで、極めて謙虚で、しかも、したたかな強さをひめている。
  3. お金に対しては淡泊で、執着しない。お金より大切なものがこの世に数え切れないほどあるということを、すべての国民が当然のこととして認識している。
  4. 不自由さを苦にしない希有な国民である。公私の「公」を優先し、自分より先に相手を想い、そのために生じる不自由さを甘んじて受ける国民である。
  5. 礼儀作法を重んじ、潔く、武士道精神に代表されるように、世界でも希有な道徳心の篤い国民である。
  6. 気力が充実し、精神力抜群である。
  7. 己の信念のためならば死をも恐れぬ、逞しい精神力の持ち主である。
  8. 老若男女全ての国民は義理人情に篤く、隣人の世話や困っている人への物心両面からの援助は至極当然の事として生活している。
  9. 国民一人ひとりに計画性があり、将来を見据えた生活設計をしっかり立てて生活している。
  10. 日本人としての誇りが高いばかりでなく、他国の人間に対しても、戦争した相手国の捕虜に対しても、礼儀を重んじる国民である。
  11. 享楽を恥とし、刻苦勉励している。
  12. 男女の交際に対しては厳しく、結婚の相手を決めるには、いくつもの関門を設けている。男性も女性もそれを素直に受け止めている。
  13. 先祖を敬い、老人をいたわり、親、子、親戚等、一族の団結を大切にしていて「家族」というものの理想的な姿を現出している、世界にも例のないすばらしい国民である。
  14. 神代の昔から連綿と続く日本民族の歴史を誇りにし、日々の生活の支えとしている。

 様々な企業活動を推進していく、その原点として、簿記や経営学とはまた違った角度から、このような現日本に失われつつある精神的風土について、もう一度考えていく必要があると感じ、この本をご紹介させていただきました。

(2007/11/20・荻原秀樹)