【事務所通信バックナンバー】

こころ、言葉

 秋の月の美しい季節になりました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情こころより感謝申し上げます。

 なんとなく知っている人に、ある日、あるところでばったりであった場合、親しさが増し、そこからおつき合いがはじまる、といったことは日常の生活の中でよくあることだと思います。言葉にもそんな出会いがあります。

 私はある日図書館に出かけ、新着図書のコーナーの前に立ちました。いつも『新着』という言葉に特別な思いを込めてちょっとわくわくして自分に合いそうな本を探します。活字も大きいし、読みやすそうと思い、さっそく借りることにした一冊。幾つもの文に分かれているので、寝る前に読むのに最適と思ったわけです。

『思いやりのこころ』 木村耕一 編著 1万年堂出版 2007年8月8日 第1刷発行

    【第1章】 
  1. 日本とトルコを結ぶ絆

  2.  エルトゥールル号の遭難
     温かい心遣いは、100年の時を超えて語り継がれた
  3. 富山のくすり屋さん

  4.  「お金のことは心配せずに、病気になったら薬をのんで…」
  5. 約束のホームラン

  6.  ベーブ・ルースは球場の外でも、子供たちを元気づけていた
と続き、「ありがとう」の心を、少しでも多く、言葉や態度に表した秀吉の話 、適塾・緒方洪庵の教え、そしてこの章の最終には、高島屋が発展した鍵として、「自利利他」は、昔から変わらぬ当店の家風であります、として平治元年、京都の町が薩摩と長州の激突、蛤御門の変で猛火に包まれ着のみ着のままで焼け出された人々の為に良心的な商売をし、信用を得た話が載せられています。

 第2章では、芭蕉と孝行娘の出会い、桜の美しさより、親の恩に報いようとする心の美しさ、「常に相手を思いやる優しさ」を実践し、世界のファスナー王となったYKK・吉田忠雄、トルストイとロマン・ロランの交流、貧しさと闘うミレーを深い友情で助けたルソーの話、時代はお釈迦様の頃に遡り、みなしごサーヤと給孤独長者の話(にっこり笑うと、気持ちが和らいできます。周囲の人の心も明るくなります)、そして最後は祇園精舎建立の話で締めくくられます。

 第3章では、意訳で楽しむ『徒然草』として14編が紹介されています。

 満月の丸さは、いつまでも変わらないものではない。すぐに欠けてしまう。気をつけて見ていないと、一晩のうちに、それほど変わるとは思えないであろう。同様に、病気が重くなると、刻々と悪化して、すぐに死が近づいてくる。

 元気な時は、自分はいつまでも平穏に暮らせると思い込んでいるから、まず、やりたいことを成し遂げてから、心靜かに仏法を聞き求めようと考えている。

 しかし、ひとたび病気になって死の入り口に立たされると、自分の人生に何一つ満足していないことが知らされ、嘆かざるをえない。

 今度もし病気が治って、命を取り留めたら、心を入れ替えて、あれもこれも、怠けずに、やり遂げたいと誓いをたてるのであるが、たちまち病気が重くなり、取り乱して死んでしまう。

 世の中の人は、こういうたぐいの人ばかりである。

 人々よ、この事実を、何よりも先に、心にとどめておくがよい。

 何かを成し遂げて、暇ができたら仏法を聞こうとしていては、いつまでたっても聞けるものではない。

 幻のような一生の中で、何を果たそうとしているのだろうか。

(第二百四十一段) 本文 240頁〜241頁『徒然草』意訳より引用

 著者によると『徒然草』の特徴は「死」に関するテーマが多いことで、兼好は、人が嫌って、避けようとしている「死」をあらゆる角度から書き込んでいる、ということです。「実際に、死を直視してこそ、本当にまじめで、真剣な人生を送ることができる。『徒然草』が、古典の中で最も読まれている理由の一つは、「よりよく生きたい」という日本人の思いの表れではないだろうか。」と著者は綴ります。

 そして最終章は一般の人から寄せられた体験談が掲載され、ひとつひとつ心が和む話ばかりです。

 偶然にめぐりあった一冊の中にちりばめられている言葉。それは初めて聞いたものばかりではありません。歴史上の逸話なども、そういえばこの話は聞いていたというものもあるのですが、やはり再びここで出会ったことへの感謝。そしてそれらの言葉が何度でも何度でも自分に戻ってくることで記憶の淵から呼び覚まされ、少しずつ自分のものになっていくような気がします。各例話を思いやりの心に満ちて綴ってくださった著者の方に感謝いたします。

 この本は山梨市立図書館からお借りしましたが、この原稿を書き終え、すぐに返却いたしますので、またご縁のある方にお読みいただければ幸いです。

(2007/10/22・荻原幸子)