【事務所通信バックナンバー】

年月

 秋の気配も日増しに色濃くなる今日このごろですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げております。

 先日ある会に参加したところ、何年か前に仕事をさせていただいた方がいらっしゃったので、ご挨拶しましたら、とても喜んでくださり、それを見ていた方が「お知り合いだったんですね。どういうご関係ですか。ご親戚?」と尋ねました。「そう、そう。親戚、親戚。」とその方は喜んでおっしゃってくださいました。

 遡って数年前、その方のご主人が事務所を訪ねてくださり、相続税額の試算のご依頼を受けました。いっしょにいくつもの畑を回りながら汗だくになったのが、きのうのことのように思い起こされます。何度も事務所にお出でいただき、いろいろな面で深く検討することができました。

 それからまた年月が経過し、しばらくはお会いする機会もなかったのですが、ある日のご主人様の訃報に驚き、悲しい気持ちでいっぱいでした。

 さて、一通りの法要を終え、十ヶ月期限の相続税申告書作成の実務が始まったのですが、ご主人様が生前にきちんと財産を整理し、シュミレーションしていらっしゃったので、相続財産のすべてが正確に把握でき、混乱もなく、実に整然と進めることができました。相続人全員の方にお集まりいただき、ご説明する機会を得、その場で、「お父さまは、奥様やお子様方が、困らないように、困らないようにとおっしゃて綿密な資料をお作りになっていらっしゃいましたよ。」とお伝えすることができました。そして改めてご冥福をお祈りいたしました。

 冒頭の話に戻り、今回久しぶりにお会いして、このように親しく言ってくださったことを本当に嬉しく思いました。精魂込めて仕事にあたった当時の日々が、ここにこんな形で戻ってきたのだと思い、自分の中に感動が沸き上がってきました。

 相続税申告書の作成、本当にたいへんなことだと思います。人は誰も生きることに全力投球し、自分の価値観に基づいてていねいに毎日の営みを繰り返して生き、その人その人の功績ができあがっていくのですが、その一方で、その一生の終わりに税法の規定により、財産を計算し、申告をおこなわなくてはなりません。しかも遺族の方は大切な人を亡くした悲しみのなか、そのことをしなくてはならないのです。本当にたいへんなことだとつくづく感じます。そんななかで、相続人の皆様のお話しをよくお聞きし、少しでも多く話し合いの機会をもっていただき、よりよい結果につなげていくことが私どもの使命だと思い、検討会開催などに力を入れさせていただいております。昔は申告書も手書きで、幾通りもの計算を出すといっても時間がかかりましたが、現在のコンピュータによるシュミレーションはたいへん便利なものだと実感しております。ご依頼の方の前で何度も計算し、いろいろな分割案を作成することができます。それをお持ち帰りいただき、心ゆくまで検討していただくことでよりよい申告ができると思います。

 開業以来二十六年、力を入れてきた相続税申告書作成実務ですが、今後はまたさらに相続人の方のお役にたてるよう、初心を忘れず、また一方で研鑽を積み、頑張っていきたいと思います。私はほんのお手伝いですが、心を込めてこの仕事にあたっていきたいと思っております。

(2007/09/19・荻原幸子)