【事務所通信バックナンバー】

経理のポイント―社会保険料(1)

 今月9月は、7月に提出した社会保険料の算定変更届に基づく標準報酬月額の変更月です。また、厚生年金保険料率が変更となる月でもあります。経理担当者の皆様におかれましては、標準報酬月額の変更通知や標準報酬月額表をよくご確認の上、給与計算に取り掛かっていただきたいと思います。

 9月に限らず、社会保険料にまつわる経理というのは、なかなか難しいところもあり、皆様からよくご質問をいただくところでもあります。今回は、その社会保険料の経理にまつわる実務についてお話しします。

 まず社会保険の基礎的な事項について確認しておきましょう。勘違いが多いのは、社会保険の加入と保険料の天引きのタイミングです。新たに社員が社会保険に加入した場合に、保険料はいつからどれだけ発生し、どのタイミングで天引きすれば良いのでしょうか。例えば9月1日に入社した社員については、9月分から社会保険料が発生するというのは、どなたも納得がいくところだと思います。では月の途中で入社された方がいる場合、その方の分の保険料はどうなるのでしょうか。時折、入社した日から日割り計算をして天引きしているようなケースも見かけますが、それは間違いです。社会保険料は、月単位でしか発生しませんので、月の途中で入社しても、入社したその月の分の社会保険料は、まるまるひと月分発生します。たとえ入社日が、月の上旬であっても下旬であっても、発生する保険料は同じひと月分です。月末近くになって入社した場合は、損してしまうようにお感じになるかもしれませんが、逆に月の途中で退職したときは、その月の分の社会保険料は一切発生しませんので、ここでバランスが取れているというわけです。

 続いて、保険料天引きのタイミングですが、これは会社によりそれぞれ違います。以下にいくつか例示しますので、参考になさってください。

【当月分給与を当月支給している場合】
※当月分当月末日支給の場合の4月分保険料の控除時期

  1. 4月分保険料を4月分給与から控除………4月分・4月30日支給の給与から控除
  2. 4月分保険料を4月支給の給与から控除…4月分・4月30日支給の給与から控除
  3. 4月分保険料を5月分給与から控除………5月分・5月31日支給の給与から控除
  4. 4月分保険料を5月支給の給与から控除…5月分・5月31日支給の給与から控除
【当月分給与を翌月支給している場合】
※翌月5日支給の場合の4月分保険料の控除時期
  1. 4月分保険料を4月分の給与から控除……4月分・5月5日支給の給与から控除
  2. 4月分保険料を4月支給の給与から控除…3月分・4月5日支給の給与から控除
  3. 4月分保険料を5月分給与から控除………5月分・6月5日支給の給与から控除
  4. 4月分保険料を5月支給の給与から控除…4月分・5月5日支給の給与から控除

 どの月の分の給与を何日に支給するかは、会社によって違いますので、自社の実態に即した処理が必要です。「○月分」…(支給日に関係なく)何月分として発生したものか、「○月○日支給」…(発生月に関係なく)実際に支払う日はいつか、というところをしっかり区別してください。特に社員が退職する際には、何月分保険料まで天引きすれば良いのか混乱しがちですので、気を付けてください。さて、あなたの会社では「○月分の保険料を○月分給与の○月○日支給分から控除している」のか分かりますか。改めて確認してみましょう。

 もう一つの勘違いは、標準報酬月額の変更に関するもの。先ほども述べましたように、9月は算定変更届による標準報酬月額の改定月です。この改定は、4・5・6月支給の給与等の金額を基に行われるものですが、これ以外にも給与等の額が変更された時は、随時標準報酬月額変更届を提出する必要があります。よくある間違いは、給与額が変更された途端に、社会保険料の天引き額(標準報酬月額)も変更してしまうケースです。源泉所得税については、毎月支給される給与の額によって、税額表から求めた金額を天引きし、最終的には年末調整で、年税額を確定するという方法なのですが、社会保険料については、その月に天引きされる金額が確定額です。その金額については、標準報酬月額変更届を提出した後、社会保険事務所から決定の通知が送られてきますので、その通知の「改訂月」と「変更後の標準報酬月額」によって変更することになります。従って、社会保険料については、給与額を変更してもその月から保険料が変わるということはありません。変更するのは、あくまでも変更届を提出し、決定通知を受けてからということになります。昇給や減給があったからといって、慌てて天引き額を変えてしまうことのないようご注意下さい。なお、標準報酬月額変更届は、標準報酬月額が2等級以上、上下した場合で、給与を3回以上支払った後(3ヶ月経過後)に変更届を提出することとされています。

 以上、社会保険料の基本的な事項についてご理解いただいたところで、次号はいよいよ実際の経理処理について触れていきます。

(2007/09/19・相原愛紀)