【事務所通信バックナンバー】

此岸から彼岸へ

 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。八月の旧盆も過ぎ、少しは風にも涼しさが感じられるようになりました。皆様もご祖先様の霊を祀るこの時期、多くの方との出会いなども含め、やすらぎを感じる日々を過ごされたことと存じます。

 当事務所では何名かの方のご逝去に際しましていろいろとご相談を受け、少しでもお役にたてるようにと、このお盆の時期を前にして、ご遺族の皆様での話し合いのきっかけになるようわかりやすい資料づくりに専念して参りました。

 大切な方を亡くされて悲しみに沈む日々かと存じますが、一方で税務申告などには十ヶ月という区切りもあり、悲しみの中、様々な手続きをこなしていかなくてはならない現状があります。このような時期に税務の専門家として、ご遺族の皆様にわかりやすく状況をご説明し、話し合いのきっかけを提供できることは、たいへん有意義なことだと感じております。

 幼少期から青年へ、そして社会人となる過程の中で、子供世代は、成長することに忙しく、親世代は、その成長を見守りつつ、ご自身はまだまだ若いからと頑張って家を守っていらっしゃいます。そんな中で、家の財産がどういうものであるか、ということを話題にする機会もなく過ぎてしまうのが一般的だと思います。たとえば成人して家を離れてしまえば、畑がどこにあるのかわからないままということもあるし、また固定資産税の評価明細書を見ても、地番からこれはどこの畑だということを特定するということは、なかなか難しいという問題もあります。

 このような中、親御さんがお亡くなりになって初めて預貯金や有価証券をはじめとする財産や土地、家屋などを法に照らして特定していかなくてはならない事実に直面します。この時点で会計事務所として時間をかけてご様子をお聞きし、確かな財産目録を作成し、ご遺族の方々でゆっくりお話し合いいただきます。そして事務所にて検討会をおこない、ご説明させていただいております。そしてその後の度重なる遺産分割方法の見直しにもきめ細かく対応させていただいております。

 十ヶ月期限の相続税申告書の提出が終わり、一周忌の法要へ。その時、集まったご遺族の方々が、気持ちをひとつにして新しい一歩を踏み出していかれることが、お亡くなりになった方への何よりの供養だと感じ、お手伝いさせていただいております。

 お盆から彼岸へ。ご先祖様への感謝の気持ちも深まるこの時期に、相続について考えてみました。

(2007/08/22・荻原秀樹)