【事務所通信バックナンバー】

医業会計研修会に参加して

 暑さに向いますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げております。

 私どもの事務所では、関与先の皆様のご発展のために研修会に積極的に参加しております。会議の折り、参加者より研修報告がありました。

 六月のある日、TKC医業・会計システム研究会開催の特別研修会に参加させていただきました。テーマは『電子申告時代におけるクリニックの自計化−医業会計データベース(MX2)徹底活用事例−』講師はMACOS&芦川会計事務所 所長 芦川浩士先生で、いかに少ない時間でシステムを活用し、業績管理に役立てるか、という内容でした。お話しいただいた例では、クリニックで先生と奥様がそれぞれ診療なさっていて、0歳、2歳、3歳のお子さんがいらしゃるとのこと。診療後の時間は使えないので、昼休みの1時間半の間にすべての仕訳をコンピューターに入力していただくとのことでした。この短時間処理も十分可能なほど『医業会計データベース』は、工夫されていて、窓口収入の入力なども簿記の知識がなくともレセプトコンピュータからの数字を打ち込めば完了。そして日々発生する様々な仕訳も「仕訳辞書」を使えばやはり短時間で入力完了。その積み重ねで一月後の巡回監査の日を迎えます。日々処理された仕訳であり、強力なシステムの成果で監査前の仕上がりも正確で、修正点は少なく、巡回監査も時間内に完了するということです。
 当事務所でも『医業会計データベース』の良さを実感し、関与先の皆様にお使いいただいておりますので、この研修でのお話しはよくわかりました。経理を会計事務所にすべて委ねるという考え方の方もいらっしゃると思いますが、ご自身で管理され、それを会計事務所が確認させていただいてこそ確実な実績が手にとるようにわかりますし、また様々な問題点も浮き彫りになりますので、今後どのような方向に進んでいったらよいかという具体的なお話しをさせていただくこともできます。
 その他、オンラインを使い院内で業務が完結する様々な工夫をお聞きし、私たちも研究し日頃の業務に役立てたいと思いました。
(以上、研修報告)

 当事務所では、TKC医業・会計システム研究会に所属し、研鑽を積んでおります。私どもの事務所にご依頼いただいた方に最善の方法で、最良のご助言を申し上げたいとの気持ちからです。

 ある日の研修からの帰り道三人連れ。
 「医業のお客さん、たくさんいらしゃるんですか」
 「割合は高いです。去年開業したばかりで、総数が少ないので(笑)」
後ろを歩いていた私はこの会話に胸が熱くなりました。自身の開業当時がよみがえってきました。そして開業したころから顧問させていただいている先生が、『病院・診療所会計』の日記帳の記帳から始まって、自計システムを導入してくださり、『FXクリニック』『病院診療所会計DB』そして『医業会計DB』とTKCの医業関連システムの歴史に沿ってずっとついてきてくださったことに感謝しています。診療でお疲れの中、日々入力していただくことはとてもたいへんなことだと思います。しかしその積み重ねが今のご発展につながっていると確信して、この若い三人連れの会話をなつかしく聞きました。 

 今後とも当事務所では、業種別会計において、様々な有意義なサポートができるよう研鑽を重ねていく所存です。自計化システムの活用の利点は、問題点がつぶさにわかり、自分自身でどういう方向へ進んでいったらよいか具体的にわかると言う点にあり、画面で確認できる業績がまさに本日その日の業績であるという新しさにあります。このような点で自計化システムの導入にも力をいれていきたいと思っております。

 これからも皆様方からご要望をお寄せいただき、今の企業の状態をはっきりさせ、具体的にどういう行動をおこせばよいのかはっきりわかるようなご提案をさせていただきたいと思っております。よろしくご支援のほどお願いいたします。

(2007/07/18・荻原秀樹)