【事務所通信バックナンバー】

14年間ありがとうございました

 私事で大変恐縮ですが、5月末にて、事務所を退職させていただきました。このような機会を与えていただいた事務所に対して、まずもって感謝申し上げます。

 平成5年6月に事務所にお世話になり、14年になりました。東京から帰郷し、就職活動で、一番最初に面接を受けたのが、今の事務所でした。入所当初は、右も左もわからず、所長をはじめ、事務所スタッフのご指導を受けながら日々一生懸命仕事に打ち込んでいたことが懐かしく思えます。また、いろいろな研修に積極的に参加させていただき、仕事における勉強はもちろんのこと人生における貴重な数々の教訓を学ばさせていただきました。人生といえば、家も建てさせていただき、伴侶にも巡り会え、愚息ではありますが、待望の子供もできました。これもひとえに事務所のおかげと思い、感謝しきれないほどです。

 また、関与先様におかれましては、未熟な時から育てていただき、何とか一人前?までになることができました。何か一つでも関与先様のために役に立ちたいという思いを念頭に仕事をさせていただきました。しかし、最後まで頼りない、あまり役にならない担当者であったことをお詫び申し上げます。

 今回の退職の件は、自分自身の可能性をもっと生かしてみたいという考えからでした。ただ、家庭を持ち、また、家内の不妊治療、実母の病気などが重なり、その中での転職というのは厳しいものがありました。ただ、同じところにいますとよどみ汚れ新しい何かを生む事ができづらくなる、その悪影響が事務所をはじめ、関与先様にご迷惑をお掛けしていることになっているのではないかと思い、悩み今日まで来てしまいました。幸いにもおかげさまで、実母の病気も良くなり、また、長男にも恵まれました。また、社会人生活が丸20年、来年には40歳という状況も考え、良いきっかけとして、所長の方へご相談しましたところ、快くご理解を賜りましたので、今回の事となりました。

 本音を言えば、サラリーマン生活を最後まで、事務所で迎えたいわけですが、自分の可能性を生かすために決断をさせていただきました。事務所、担当関与先様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。また、今日まで、お世話になり本当にありがとうございました。ビジネスとしては、お付き合いは無くなるわけですが、地元に居を構えているわけですので、また何かプライベートでのお付き合いをさせていただければと思っております。

 最後に荻原会計事務所をはじめ、関与先企業様のますますのご繁栄、所長先生をはじめ、事務所スタッフ、関与先企業社長様、従業員の皆様、関係各位のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。14年の長きに渡り、本当にありがとうございました。

(2007/06/20・**退職者による記事**)