【事務所通信バックナンバー】

日々

 小林さん、長い間ありがとうございました。親孝行の小林さんのことですから、お母さんを大切にし、また奥さんやお子さんを大切にし、これからもすばらしい家庭を築いていらっしゃることと思います。どうぞお体を大切にして、新しい世界でご活躍ください。


 風薫る五月、宗教法人の申告のお手伝いをさせていただきました。境内に入り、ひんやりとした空気に歴史の古さを感じます。日々の経理は数名の方が携わっていらっしゃり、一日の最後には必ず会計日記帳の現金残と手元現金を照合し、残高確認されています。この毎日の積み重ねにより、内容の濃い申告ができました。『現金に始まり、現金に極まる』このことを改めて実感いたしました。私どもの日々の巡回監査でも、いつも「現金残高、現金残高」といって皆様にしっかり現金を把握していただくようお願いしておりますが、やはり毎日の現金残高の照合の積み重ねのなかにこそ不動の真実があるのだと感じました。

 禅の世界に『担雪埋井』という言葉があると『TKC基本講座』に出てきます。雪を担いで井戸を埋めても瞬時に溶けてしまい、決して井戸は埋まりません。一見、それは全く無駄なことに見えます。然し、無駄になるかも知れないと考えてやめるのではなく信じて続けることの大切さ。この言葉はいつもその思いを蘇らせてくれます。『現金管理』、いとも簡単であり、しかし続けることの大変なこの作業を頑張って続けることで企業の益々の発展が導かれると信じて、日々を大切にしていきたいと思っています。

(2007/06/20・荻原幸子)