【事務所通信バックナンバー】

仕事―物事の本質の追求

 先日、23歳の公職にある青年が事故で殉職したことが伝えられましたが、まことに哀悼に堪えません。この事件をもって仕事とは何かと考えさせられました。

 若い人は入社3年以内に35%が退職するようです。右肩上がりの経済成長からゼロ成長時代になり、年功序列の体系が変わり、価値観の違いが浮き彫りになっています。

 学校と職場の違いを羅列した何年か前のメモがありましたので、ここに比べてみました。

  • 【学校】
    1. 授業料を払って授業を受ける
    2. 授業で殆どのことを教えてくれる
    3. 暗記力、思考力がよりよければ評価は高い
    4. 失敗して損をするのは自分だけ
    5. 理屈やいいわけがいえる
    6. やりたいことが選択できる
    7. 嫌な事はしないですむ
    8. 勉強をさぼってても困るのは自分だけ

  • 【職場】
    1. 給料を支給されて仕事をする
    2. 初歩的な事は教えてくれるが後は自ら進んで開く
    3. 行動が評価される
    4. 失敗したら会社に損失を与える
    5. 理屈や言い訳は通用しない
    6. 仕事は与えられるが殆ど後は自らの力で仕事を創り出してゆく
    7. 嫌なこともやらなければ仕事にならない
    8. 仕事をさぼるとみんなに迷惑がかかる

 よく比べると、職場は物事の本質を追求する論理性ある人が望まれるようです。

(2007/05/22・荻原秀樹)