【事務所通信バックナンバー】

税のコラム―給与明細、ご覧になっていますか

 上記の記事でも採り上げていますが、源泉所得税と住民税―これらの税は、給与から天引きされます(住民税は天引きされないこともあります)ので、「納めている」という実感が湧きにくいのではないでしょうか。皆様は、ご自分の給与明細や源泉徴収票をご覧になって、「おや?」と思ったことがあるでしょうか。何気なく見てはいる、あるいはほとんど見ないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、是非この機会にご自分の給与明細をじっくりご覧になってみてください。

 上記の記事の通り、今年1月より源泉所得税の金額が減額されています。課税所得が6段階に分かれ、税率も最低5%から最高40%までに改められました。

 これにより、多くの方は今年に入ってから、手取額が多くなったと感じている事でしょう(給与からの実際の天引き額は、源泉徴収税額表によります)。しかし、それをして「収入が増えた」とお考えになるのは早計です。その分6月以降は、住民税(5%,10%,13 %の3段階→10%に統一)の金額が上がることになりますので、実質的に手取額は以前と変わらないものになるはずです。

 給与明細をご覧になってみて、前月あるいは前年と比べて変化はありませんか。「タックスペイヤー」(No.112・2003年9月号掲載)という記事でも書きましたとおり、「天引き」「徴収」されることによって自分が納めているという感覚は薄れがちになります。しかし、その税金は、他ならぬあなた自身が支払っているものなのです。会社が全てやってくれるからと、何ら関心を持たないでいて、後で慌てたり、騒ぎ立てたりすることのないようにしたいものです。そういう変化を感じ取ることによって、世の中がどう動き、どこへ向かっているのかを知るきっかけにもなります。そう、毎月何気なく受け取っているあなたの給与明細にも、社会の変化はちゃんと記されているのです。

〈参考〉※税源移譲の詳細については、下記サイトでご覧になれます
 ■政府インターネットテレビ24ch・行政の現場から

(2007/04/18・相原愛紀)