【事務所通信バックナンバー】

物と心の整理

 昔聴いた何かの講演のテープで、「もし病気になって入院することになったら、そこに持ち込めるものは小さな柳行李ひとつでしかない、そして私たちは死んでお墓に入るときは品物の何一つそこに持ち込めない。」と語られていたことがいつまでも心に残っています。

 春。桜が散り、新緑に変わるこの季節は新しいスタートの時期でもあることから、毎年整理をし、何を残し、何を捨てるかという問題に迫られてきます。

 三月。まだ確定申告期も道半ば、緊張感の続く3月2日。毎朝輪読している『職場の教養』に「『捨てる』基準」という記事がありました。

 掃除では、あふれかえったものを捨てることが大切です。何を捨てたらいいのか分からない人は、次の四つの基準で捨ててください。

 まず一つめに、もったいないものを捨てます。二つめに、過去の栄光や思い出を捨てます。三つめに、いつか必要と思うものを捨てます。そして四つめは、現在のあなたのレベルを下げるものを捨てるのです。

 「もったいない精神」は日本人の美徳ですが、不要なものを溜め込み、過去の栄光にすがりつくことで、新しい自分に脱皮できなくなります。必要なものは必ずその時に与えられます。今、必要でないものは思い切って捨てましょう。

 捨てる行為は、ものだけに限りません。過去へのしがらみ、他人からの評価、将来への不安などをキレイさっぱり捨てることで、ありのままの自分を見つめ直すことができます。

(『職場の教養』2007年3月号より一部引用 社団法人倫理研究所 発行)

 特に思い出の残る品物や印刷物などたくさんとっておきたい私にとっては、この文はとても良い戒めになりました。また、いつか読んだ書物の中に「捨てるのではない、捨て去るのだ」という言葉がありました。やはり整理とか、捨てるということは自分自身が修養を積んで行かなくてはいけない「道」なのだと考えさせられます。そしてまた脳裏に浮かんでくるどこかで聞いた「自分の亡骸の前でお線香をあげている自分を思い浮かべなさい」と言う言葉。人生の最後に自分の生涯を眺めた時、静かな心持ちで手を合わせることができるか常に考えながら生きていきたいと思います。そしてその先に持ち込めるものは何もないとすると今現在の考えを改め、ありのままの自分を見つめるための取捨選択を日々おこなっていかなくてはなりません。物は大切にし、かつ「捨てる」という選択をしなくてはならない苦しみ。ひとつひとつの物事に真剣にあたっていき、その結果として自分の内側に何かが残せればいい、そう考え日々努力していきたいと思います。これからもよろしくおつきあいのほどお願いいたします。

(2007/04/18・荻原幸子)