【事務所通信バックナンバー】

電子申告に取り組んで

 税理士事務所開業以来二十何回目かの確定申告が終わりました、無事済んだことに感謝したいと思います。今年は個人の所得税、消費税において電子申告をすることを決め、事務所一丸となって取り組んできました。皆様からも深いご理解と多大なるご協力を賜り、心より御礼申しあげます。

 私がいつも心がけていることは反省と感謝をもって仕事をすることで、そのため数々の本を読んでいます。今回は仏教詩人の坂村真民先生の詩、闇が光になる、悲しみが希望に変わる「詩」を掲載したいと思います。

二度とない人生だから

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳をかたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないように
こころしてゆこう
どんなかよろこぶことだろう

二度とない人生だから
一ぺんでも多く便りをしよう
返事は必ず書くことにしよう

二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
こころ豊かに接してゆこう

二度とない人生だから
つゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめてみつめてゆこう

二度とない人生だから
のぼる日 しずむ日
まるい月 かけてゆく月
四季それぞれの星星の光にふれて
わがこころをあらいきよめてゆこう

二度とない人生だから
戦争のない世の実現に努力し
そういう詩を一篇でも多く作ってゆこう
わたしが死んだら
あとをついでくれる若い人たちのために
この大願を書きつづけてゆこう

『坂村真民一日一言―人生の詩、一念の言葉』 坂村真民著/致知出版・16頁より引用

(2007/03/20・荻原秀樹)