【事務所通信バックナンバー】

e-Tax

 先月号に引き続き、今回もe-Taxの体験談をお届けします。さて、先月ではあまり準備も進んでいなかったわけですが、さすがに申告期限が近づいてきたこともあって、今月初めに住基カードの取得に行って来ました。昼休みに市役所に赴き、約30分ほどで取得することができました。住基カードには、身分証明書としても使える写真入りのものと、写真無しのものがありますが、私は写真無しのものを選びました。書類に住所・氏名・生年月日などの必要事項を記入・押印し、提出してしばらく待ちます。カードの作成が終わると、まずは4桁の数字のパスワードを設定。その後またしばらく待って、今度は鍵ペアのための10桁のパスワードを設定します。同時に電子証明書も格納してもらいました。要した費用は、カード代500円と証明書代500円の計1,000円。  山梨市の住基カードは接触型(コンビ型)です。ICカードリーダライタには、接触型のみに対応した物と、接触型・非接触型の両方に対応した物があります。近くの家電量販店を何軒か回ってみたところ、ICカードリーダライタの在庫があるところは残念ながらありませんでした。カード発行の際に渡された書類の中には、公的個人認証サービスに使用できるICカードリーダライタの一覧表があり、これを参考に購入せよということでしょうか、各メーカーサイトのURLまで載っています。私も結局、この中からPCカード型の接触型ICカードリーダライタを購入しました。  注文から3日ほどでICカードリーダライタが届き、早速一連の設定に取り掛かりました。国税庁のホームページに掲載されている「e-Tax導入マニュアル」をダウンロードし、これを参考に進めていきます。マニュアルに記載されている大まかな流れは以下の通り。

  1. JRE(Java実行環境)のインストール
  2. ICカードリーダライタのドライバのインストール
  3. 「公的個人認証サービス利用者クライアントソフトVer2」のインストール
  4. e-Taxソフトのインストール
  5. e-Taxソフトの起動〜初期登録作業
  6. 確定申告書の作成〜送信・電子納税

 1.から順に取り掛かって途中で少し戸惑いながらも、2〜3時間くらいで設定作業は完了したでしょうか。やや手こずったのは、「4.e-Taxソフトのインストール」の中の「ルート証明書のインストール」でした。この部分は、マニュアルがあまり詳しくなかったこともあって、登録を進めていくと表示されるメッセージが、やや不安にさせる所があり、このまま進んでしまって良いものか少し考えてしまいました。メッセージを全て記録しておけば良かったのですが、要は、それを登録することは一定の危険性を認識したのと同じことになります、といったような内容で、そこで「いいえ」ボタンを押してしまうと、その先に進めないので、結局「はい」ボタンを押して、その先に進みました。結果、ルート証明書のインストールもできたのですが、この辺りは、マニュアルに画面展開なども示して解説してもらえれば有り難いな、と感じました。何はともあれ、一通りの設定は何とか終わったものの、その時点でもう日付も変わってしまっており、申告書作成以降の作業は持ち越しに。

 さて、その翌々日に申告書作成に取り掛かったのですが、これも国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーから、そのままe-Taxで申告できるようだったので、申告書作成はe-Taxソフトを使いませんでした。確定申告書作成コーナーで作成を進めていくと、最後に印刷するか、e-Taxで申告するかの選択肢が出てきます。あとは指示に従って進めていくだけで特に難しいことはありませんでしたが、やはりそこは初めてのこと。ルート証明書はちゃんとインストールされているだろうか、電子証明書はカードにきちんと登録されているだろうか、と少し心配になりつつも、特に問題なくデータ送信することができました。日頃仕事で「データ送信」という作業に慣れてはいますが、書類を整え、税務署に持ち込むのに比べて、あまりにもあっさりとした感覚に再び不安になりつつも、申告書データ送信後に国税庁から送られてくる即時通知を確認し、申告が完了したことを確信。

 残るは、別途送付書類の準備です。データ送信できない書類(保険料控除証明書など)は、別途税務署に送らなければなりません。電子申告開始届出書を提出すると、別途送付書類用の封筒が送られてきますので、これに書類と申告書作成の過程でできる「申告書等送信票(兼送付書)」の提出区分にチェックを入れて同封し、ポストに投函するだけです。この封筒を使用すれば郵便料もかかりません。

 今回事務所のシステムを一切使用せず、身をもってe-Taxを体験してみようということで、敢えて年末調整を受けずに、自分で確定申告をしてみたわけですが、概ねスムーズにできたと思います。私はこういう仕事に就いていて、予備知識もありますので、その部分を差し引けば、もっと戸惑う場面もあったのでしょうが、いずれ難しい部分が解消されて、より多くの人が利用しやすい制度になってほしいものです。

 事務所業務においても、これまでのやり方を随分変える必要がありました。以前と違う部分をどうすれば良いか、悩みつつも話し合いながら、この新しい制度に取り組んでいます。皆様もe-Tax、いかがですか?

(2007/03/20・相原愛紀)