【事務所通信バックナンバー】

e-Tax(イー・タックス)−国税電子申告・納税システム−

 最近色々なところで「e-Tax(イー・タックス)」という言葉を耳にしませんか。私は監査に出かける時の車内でラジオを聴いていることが多いのですが、「どこでも申告・納税e-Tax」という歌に乗せてe-TaxのCMをよく耳にします。先日立ち寄ったとあるショッピングセンターでも、e-Taxのポップが置かれていて「こんな所にも?」と、少し驚いた次第です。

 「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」は、平成16年6月から全国的に始まった制度ですが、当初は利用者も少なく、知名度も今ひとつでした。しかし、ここに来て、国税庁もいよいよ本腰を入れ始めたのか、昨年あたりと比べても、その宣伝にかける力の入れようも随分と違ってきている気がします。私の母も税務署から送られてきた申告書で知ったのか、「私もe-Taxで申告してみたい」と話していますし、まずは知名度という点では、かなり一般的になったと言ってよいのではないでしょうか。また、平成19年1月以降は、税理士に依頼して申告する場合、税理士の電子署名と電子証明書があれば、納税者の電子署名・証明書は不要となりました。以前は、税理士・納税者共に署名・証明書が必要でしたので、特に納税者のみなさんは、二の足を踏んでいた方も多いかもしれません。しかしこれをきっかけにe-Taxの利用者は加速度的に増えているようです(下図参照)。当事務所でも関与先の皆様には、今後順次e-Taxの実施をご提案申し上げ、ご同意いただきました方については、e-Taxにより申告させていただく所存です。


出典:国税庁ホームページ−開始届出書の提出状況及びe-Taxの利用件数(平成18年度)

 さて私事ですが、e-Taxの浸透に一役買ってみようと、18年の給与については敢えて年末調整を受けずに、自分でe-Taxを利用して申告してみようと思っています。まずは「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を提出。提出といってもそこはやはり電子申告。国税庁のe-Taxのサイトからオンラインで提出することができます。わざわざ税務署に出向いて書類をもらったり、提出したりという手間はありません。こうして届出をすると、2週間ほどで利用者識別番号が記された書類とe-TaxソフトのCD-ROMがA5サイズのエンジ色の封筒で送られてきます。さらにその後A4サイズの茶封筒で「電子申告添付書類提出用封筒」が送られてきます。この「電子申告添付書類提出用封筒」は、データ送信できない書類(源泉徴収票や保険料控除証明書など)を別途送付するためのもので、オレンジ色をしています。この封筒で送られた書類については、通常の紙(書面)での申告よりも優先的に処理されるとのこと。還付申告をされる方で早く還付金を受け取りたい方には、e-Taxを利用される方がこの点ではやや有利というところでしょうか。

 e-Taxのサイトには、利用に関しての案内が詳しく解説されており、「システムの概要」から「事前準備」「初期登録」「手続の流れ」「e-Taxソフト」「参考事項」「お問い合わせ」「ご意見・ご要望」まで、トップページ上部に各項目・利用手順ごとにリンクが貼ってあります。私も順次読み進めて、今は「事前準備」から「初期登録」あたりの作業を行っているところです。本当は今月号で申告の一部始終をお伝えできれば良かったのですが、年末年始の忙しさにかまけて、準備が今ひとつ進んでいません。関与先の皆様の申告を優先的に進めつつ、私個人の申告も少しずつ進めていきたいと思っています。

 次号では私の電子申告の顛末についてお伝えする予定です。

(2007/02/21・相原愛紀)