【事務所通信バックナンバー】

20年前・20年後

 現在、「バブルへGO!!」という映画が上映されております。内容は、2007年現在、国が抱える借金が多額となり、破綻の危機に瀕したため、1990年にタイムスリップし、「バブル崩壊」を止め、歴史を作り変えるという一大プロジェクトが描かれているとのことです。予告編や特別編集された作品を見ましたが、タイムスリップした先は、ちょうど私が社会人になりたての本当のバブル絶頂期です。とても懐かしく思い、楽しく見させていただきました(ジュリアナ東京などが登場)。お金がお金を生む時代。株価は4万円を目指し、高騰。合わせ、土地不動産も高騰。あの頃は、良かったなあと単純に思える時代でしたが、今のこの状況の原因があのころにあったかどうかは、考えはそれぞれだと思いますが、あの頃があったからこそ今があり、今があるからこそ未来があると思います。今、考えますと私も社会人となり、早くも20年も経ってしまい、感慨深いものがあります。20年前でも全てがいいことばかりではなく、悪いこともありましたが、今ほどではなかったのではないかと記憶しております。ただ、現状の景気はまだまだ厳しいという中で、少しずつではありますが、株価は1万7千円台(バブル期の半値)まで回復、不動産価格も持ち直してきていることを考えますと経済は活性化し、良化してきているのでしょうか?楽観視はできないと思います。個人消費は伸び悩んでいますし、中小企業の業績はまだまだ厳しいものがあります。バブルという言葉を使えば、今は、ミニバブルになりつつあるのではないのでしょうか?

 まだまだ、不安材料は多くあります。先にもありましたとおり、バブル期に各方面で活躍された方々が団塊の世代で、多くの方が現役を引退されることが予想されます。それまで培われてきた技術等が次世代に順調に受け継がれれば良いのでしょうが、うまくいくかが課題だと思います。また、退職金支給により、各企業の体力が一時的に低下する。逆に個人消費は一時的増加する可能性はあるかも知れませんが、将来への不安の為、貯蓄にまわってしまう。給与等の収入減により、個人消費が今以上に低迷することも考えられます。また、社会保障費の増加、年金受給者の増加など現役世代の負担は今以上に増加することでしょう。また、各分野でのIT化やますます進む環境問題、企業淘汰の波。色々な面からの雇用不安もあり、個人消費の低迷は続くかも知れません。それぞれの事項が悪循環を起こし、一向に明るい兆しがでてこないことなども考えられます。

 では、これからの20年は、どうなっていくでしょうか?「生む機械」発言もありましたが、少子化と高齢化が更に大きな問題になると思います。少子化については、私ども夫婦のように欲しくてもなかなか授からないケースもあると思いますが、先に述べたように雇用不安などから育てる自信がなくてという理由も背景にあるかも知れません。また、環境問題の不安から自分たちの子供達の将来が不安でかわいそうでという理由もあるかも知れません。このような不安材料を1つでも多く解消していくことが、明るい未来。期待できる未来。美しい未来を現実化できるのではないでしょうか?最近では、ローカルな話ですが、塩山市民病院の産科がなくなることが決まったようです。生みたくても安心して生める環境ではなくなっているのが現実です。このような少子化対策と逆行している事案が増加していることが大きな将来不安への問題です。そのような中、当事務所の関与先役員様が団体活動を通じて、産科廃止撤回を求める署名活動を休日、悪天候にも関わらず行っておられました。心より、敬意を表すると共に感謝申し上げます。いつの日かこのような活動が、明るい未来につながっていくことを期待すると共にもっと前向きな、健全な社会になることに希望を持ちたい思いますし、自分自身も行動したいと思います。

(2007/02/21・**退職者による記事**)