【事務所通信バックナンバー】

2007年 年頭所感

 新春を迎え心も新たにスタートした2007年ですが、早二十余日が経過しました。皆様どんな一年の初めをお迎えになりましたでしょうか。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 私の事務所では毎月一回月例会を開催しています。事務所ではお互いの意見を述べ、話し合いを重ねることが大切であると考えています。意見と意見のぶつかり合い、それこそが、自分の成長につながり、自分たちの職場の改善につながり、事務所の発展につながると考え実行しています。

 「運命共同体」、「連帯意識」は昔の言葉ですが、一人ひとりが事業に対する帰属意識と連帯意識を持つことが、事業の成長になくてはならないものであり、ひとりだけが死にもの狂いになるのではなく、全員が危機感を持ち、事に当たらなければなりません。そんなことを考えて本年も事務所一丸となり、皆様の益々のご繁栄に寄与できますよう行動してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。また私は『税理士法一条』の使命を貫きたいと考えています。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 ここに『2007年基本方針』をご提示申し上げます。

(2007/01/22・荻原秀樹)